『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』、早くもカットシーンが判明? ー トム・ホランドがバラす

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

※この記事には『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

MCUシリーズに置いて『アベンジャーズ/エンドゲーム』に匹敵、またはそれを超えるほどの注目度を集めているのが『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』だ。
今作には様々なサプライズや、そのストーリーにも注目が集まっているが、主演のトム・ホランドは早くも本編からカットされたシーンについて明らかにした。

※この記事には『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

ハリー・ホーランド出演シーンはカットへ?

海外メディアのThe Directのインタビューに答えたトム・ホランドは、先日鑑賞した本編から、弟のハリー・ホランドが出演していたシーンがカットされたことを明らかにした。

『僕たちは先日映画を見ました、そして彼らはシーンをカットしていました(笑)。あのシーンは映画にはありませんでした。』

また同時に兄弟でスパイダーマンの映画に出演できたことに「興奮している」とも話していた。

別の海外メディアであるグレアムノートンショーのインタビューでは、ハリー・ホランドが出演した詳細なシーンについても話している。

『彼は撮影のセットにいました。私はスタントコーディネーターのところに行って「スタントで何をするにしても、彼自身が逆さまにするようにしてください』と言いました』

実際にその撮影の様子がツイッターにて投稿されている。

ハリー・ホランドは映画のなかで強盗犯を演じていると一部の海外メディアが伝えており、スパイダーマンにお縄にされると行ったものだったと言われている。

トム・ホランドのファンとしても兄弟が共演するシーンはぜひとも見てみたいものだが、実際に上映される完成版で再び復活する可能性も十分にあるため、その点には期待をしておこう。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は2022年1月7日より日本でも公開中だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全51作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。