ソニー、『シニスター・シックス』映画を依然として計画中 ー 長期的な目標とも

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

ソニー・ピクチャーズは映像の権利を持つスパイダーマンの作品をマーベル・スタジオとともに共同制作するとともに、『ヴェノム』『モービウス』などのスパイダーマンに関連したキャラクターの映画も製作している。

このソニー・ピクチャーズが展開しているシリーズを「ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース」としているが、この計画には依然として実写映画『シニスター・シックス』が盛り込まれていると海外メディアが報じている。

Sony’s Spider-Man and Venom Crossover Plans Include Sinister Six Spinoff Movie

海外メディアのDeadlineの記者によれば、ソニーはマーベル・スタジオとの共同制作作品以外にも別のマーベル作品の計画を持っていると伝えている。

ここには『ヴェノム』はもちろんのこと、MCUシリーズとの接続も入っているという。長期的な目標のひとつには『シニスター・シックス』があり、ソニーズ・スパイダーマン・ユニバースのヴィランバージョンになると伝えた。

『シニスター・シックス』自体は『アメイジング・スパイダーマン』の頃から映画化の計画があった。事実『アメスパ2』のラストではヴァルチャーの翼やドクターオクトパスの触手など、それを匂わす演出で終わっていた。

しかしその後はスパイダーマン自体がMCUシリーズに導入されてリブートされたことで、実質的に消滅していたと思われていた。

ただ『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』などの動きを見ると、映画でシニスター・シックスが登場することは夢ではないかもしれないのだ。

シニスター・シックスのメンバーには様々存在するが、今のところ映画で予想されているのはグリーンゴブリン、ドクターオクトパス、エレクトロ、サンドマン、リザードが候補に挙がっている。残り一名が誰になるかは様々な推測がされている。

スパイダーマンのヴィランユニバースを積極的に拡大しているソニー・ピクチャーズ。果たして数年後はどのようなシリーズへと変貌しているのだろうか?今後の情報にはぜひとも注目しておこう。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は2021年12月17日に全米公開予定、『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』は12月3日に日本公開予定だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全51作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。