単独映画版『ジョーカー』にキャストリスト公開!トーマス・ウェインのキャストも!

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

DCコミックスとワーナーブラザースが製作する『ジョーカー』が正式に撮影開始がアナウンスされました!
合わせてキャスト&スタッフ陣のネームリストも公開されています!

先日にはホアキン・フェニックス演じる、のちにジョーカーとなる「アーサー・フレック」の画像も公開されていました。

ロバート・デ・ニーロや、『デッドプール2』ドミノ役女優の名前も

ワーナーブラザースが製作する『ジョーカー』は、アカデミー賞ノミネート俳優のホアキン・フェニックスを主演に、アカデミー賞受賞俳優のロバート・デ・ニーロが出演し、監督とプロデューサーにはオスカーにノミネートされたトッド・フィリップスが担当します。

象徴的な宿敵であるジョーカーのスタンドアローン映画は今までに見たことのないストーリーをビッグスクリーンで見ることができます。フィリップによる社会から無視されアーサー・フレックの探求は、より広範な注意が必要です。

映画には『デッドプール2』のザジー・ビーツ、『レッド・スパロー』『ザ・ナイト・オブ』のビル・キャンプ、『ブロークン・フラワーズ』のフランセス・コンロイ、『ナルコス』のブレット・カレン、『ビリオンズ』のグレン・フレシュラー、『ナイト・マネージャー』のダグラス・ホッジ、『GLOW:ゴージャス・レディ・オブ・レスリング』のマーク・マロン、『ジーサンズ はじめての強盗』のジョシュ・ペイズ、『キングコング:髑髏島の巨神』のシェー・ウィガムが出演予定です。

またブレット・カレンは、ブルース・ウェイン/バットマンの父親であるトーマス・ウェインを演じることとなります。

『ハングオーバー!』トリロジーのトッド・フィリップスは監督と、『ザ・ファイター』『8マイル』の脚本を担当したスコット・シルバーと共同でDCコミックスをベースにしたキャラクターの脚本を執筆します。

俳優のブラッドリー・クーパーエマ・ティリンガーがフィリップスとともにプロデューサーを務めます。エグゼクティブプロデューサーには、リチャード・バラッタ、ジョセフ・ガーナー、ブルース・バーマンが担当します。

今作はいままで公開されてきたバットマン映画とは関係のない、独立した世界観で描かれます。バットマンことブルース・ウェインなどのヒーローや、そのほかのヴィランの登場に関しては不明です。

『ジョーカー』は2019年10月4日に全米公開予定です。

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です