S.H.フィギュアーツ イズ レビュー

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

『社長秘書のイズと申します』

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー

価格6,600円(税込)
発売日2020年12月22日
メーカーバンダイ・スピリッツ
作品『仮面ライダーゼロワン』
S.H.Figuarts イズ
BANDAI(バンダイ)

S.H.フィギュアーツ イズのパッケージ

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー パッケージ

まずはパッケージから。基本的にはホワイトがベースで、イズのパーソナルカラーでもあるグリーンが配色されたものとなっている。

  • S.H.フィギュアーツ イズ レビュー パッケージ
  • S.H.フィギュアーツ イズ レビュー パッケージ

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー パッケージ

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー パッケージ

ブリスター状態。ゼロワンに使用する付属品もあり。

S.H.フィギュアーツ イズの本体

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー 本体

早速取り出して、S.H.フィギュアーツのイズをレビューしていこう。まずは全身から。

  • S.H.フィギュアーツ イズ レビュー 本体
  • S.H.フィギュアーツ イズ レビュー 本体

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー 本体

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー 本体

ぐるっと一周。女性キャラということで、女性素体を使用しているため身長は小さめな素体となっている。フィギュアーツの女性キャラはなにかと腕が細くなりがちだが、イズに関しては特に違和感はなし。特徴的なジャケットの光沢感も表現しており、スタイルはだいぶ劇中のイズに近いように感じる。

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー 本体

  • S.H.フィギュアーツ イズ レビュー 本体
  • S.H.フィギュアーツ イズ レビュー 本体

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー 本体

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー 本体

バストアップ。イズのフェイスを3Dで立体化し、眉や目、口などをデジタルプリントで再現している。塗装の精度は問題なし。近く見ると演じている鶴嶋乃愛さんに似ている気がする。ただパッケージなどにあるサンプルとの大きな違いは、前髪が短くなり、眉毛が見えているところ。実際の劇中のイズは眉毛が前髪に隠れているので、なぜ製品版は眉毛だしアレンジをしてしまったのか謎すぎる。

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー 本体

首元には大きなリボン。すこし柔らかめな素材となっている。

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー 本体

腰が締まったスタイルももちろん問題なし。

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー 本体

白いジャケットは後ろから見ると分割線があるが、前からは見えないようにアレンジされているのがかなり感心した。

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー 本体 緑の塗装も問題なし。

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー 本体

腕はこのように細すぎないような造形となっている。ジャケットのしわの表現もなかなかリアル。

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー 本体

左手の甲にはヒューマギアのマークが再現されている。また爪は人差し指だけグリーンに塗られているのもしっかりと再現。

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー 本体

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー 本体

足も特に問題のない造形だ。しわの表現もリアル。半分緑になったカラーリングもきれいに塗り分けられている。

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー 本体

ジャケットの裾部分は軟質素材が使用されている。

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー 本体

ヒールは特徴的な形をしている。面積が小さめなので立たせにくさはある。

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー 本体 仮面ライダーゼロワン ライジングホッパー 比較

同じS.H.フィギュアーツの仮面ライダーゼロワン ライジングホッパーと比較。身長差はドンピシャぐらいにイメージ通り。並べても全く違和感のない大きさになっている。

S.H.フィギュアーツ イズの付属品一覧

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー 付属品 手首

次は付属品を見ていこう。こちらは案内をするような形をした手首パーツ。

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー 付属品 手首

こちらはアタッシュカリバーのアタッシュモードをもたせるための手首パーツ。左手のみ。

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー 付属品 手首

こちらもアタッシュカリバーをもたせるためのもの。右手のみ。

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー 付属品 手首

こちらは「アルトじゃないと!」のポーズ用手首パーツ。

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー 付属品 手首

こちらはジェスチャーのシーンを再現するための手首パーツで、両手が一体化している。

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー 付属品 アタッシュカリバー アタッシュモード

こちらはアタッシュモードのアタッシュカリバー。塗装やモールドもきれい。

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー 付属品 ゼロワン 手首

こちらはゼロワンに使用するための親指を立てた手首パーツ。決め台詞の最後のところの「俺だ!」の部分を再現できる。

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー 付属品 笑顔パーツ

こちらはすこし笑った表情のイズのフェイスパーツ。

S.H.フィギュアーツ イズの可動範囲

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー 可動範囲

次は可動範囲を見ていきましょう。首の回転や肩の可動範囲は広め。リボンが干渉しがちなので、左向きの首回転は干渉気味。

  • S.H.フィギュアーツ イズ レビュー 可動範囲
  • S.H.フィギュアーツ イズ レビュー 可動範囲
  • 首に前後はそれなりに動かせる。

  • S.H.フィギュアーツ イズ レビュー 可動範囲
  • S.H.フィギュアーツ イズ レビュー 可動範囲

腰の前後可動は後ろが狭い印象。

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー 可動範囲

腰回転はジャケットの都合ですこしきつめ。

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー 可動範囲

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー 可動範囲

足の開脚はスカートにスリットがあるので、左右が思いのほか開かせることができる。接地性は致命的。

S.H.フィギュアーツ イズのアクション!

Youtubeでもレビューしていますので、ぜひご覧ください!

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー アクション

それではS.H.フィギュアーツのイズのアクションを見ていこう!

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー アクション

ヒロインのイズがついにアーツ化。

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー アクション

しかも可動フィギュアということで、イズのいろいろなポージングを楽しめる。

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー アクション

笑顔が思いのほかキュート。

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー アクション

秘書っぽいポーズも自然に決まる。

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー アクション

劇中で披露したブレーキシーン。接地性は厳しいけど、脚はよく開く。

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー アクション

ジェスチャーのシーン。地味にポーズ再現大変だった。しかも個体差なのか左腕が異様に外れやすい。

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー アクション

イズ「アルトじゃないと!」
或人も欲しくなるなぁ・・・。

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー アクション

両手を前に合わせたポーズも自然に決まる。

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー アクション

アタッシュカリバーをもたせる。

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー アクション

持ち手は少し緩めだった。

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー アクション 仮面ライダーゼロワン ライジングホッパー

ゼロワンに手渡すシーンの再現ができるのが嬉しかったりする。劇中でも序盤でひりょうして印象に残ってた。

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー アクション 仮面ライダーゼロワン ライジングホッパー

ゼロワン単体でも。

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー アクション 仮面ライダーゼロワン ライジングホッパー

アタッシュカリバーの2モードがアーツでも再現が可能となった。

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー アクション 仮面ライダーゼロワン ライジングホッパー

ゼロワン「お前を倒せるのはただ一人!俺だ!!」ちゃんと決め台詞のシーンが再現できるようになったのが嬉しい。
フィギュアーツのシャイニングホッパーではついていたけど、デザインがことなるので悶々としてましたねぇ。ちゃんと補完されてよかった。

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー アクション 仮面ライダーゼロワン ライジングホッパー

なにかを受信するイズ。この雰囲気のシーンは劇中でもよく見れた。

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー アクション 仮面ライダー滅

最後はに破壊される直前もやってみる。

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー アクション 仮面ライダーゼロワン ライジングホッパー

抱きかかえられるイズ。ダメージフェイスとかあったらなお面白かったかも。

S.H.フィギュアーツ イズ レビュー アクション 仮面ライダーゼロワン ライジングホッパー

ということで、S.H.フィギュアーツ イズのレビューでした。

ヒロイン単体でのS.H.フィギュアーツ化ということで注目度も高かった今回のアイテム。映画の公開もあってゼロワン熱もさらに上がっているので入手できたのは嬉しかった。
アーツの女性素体は異様に細くなりがちだけど、今回はしっかりと問題なく、自然に立体化してくれたのはよかった。この調子でほかのキャラでも頑張ってもらいたい。
衣装のしわの表現も見事で、またジャケットの腰の部分の分割線の隠し方も見事だった。可動もそのおかげで思ったよりは広く動かすことができるようになっていた。
フェイスに関しては思いのほか似てはいたのだが、どうしても眉毛が気になる。前髪がなぜ短くなってしまったのか本当に気になるところだ。対処法としては眉毛を消すか、またはパテなどで前髪を伸ばすかのみだけど、なかなか勇気がいる上に、手間もかかるのでどうしようかなーと悩んでる。

ゆとぴ

S.H.Figuarts イズ
BANDAI(バンダイ)

関連記事を読む

コメントをする