S.H.フィギュアーツ バットマン(1989) レビュー

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

『だれもやらない、やるしかなかった。狂った世の中だ

S.H.フィギュアーツ バットマン(1989) レビュー

Youtubeでもレビューしていますので、ぜひご覧ください!
https://youtu.be/DIwdDmn_31o

価格 6,800円(税抜)
発送日 2020年9月24日
メーカー バンダイ・スピリッツ
作品 『バットマン』『バットマン リターンズ』

S.H.フィギュアーツ バットマン(1989)のパッケージ

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー パッケージ

まずはパッケージから。前面には陰に浮かぶバットマンと、映画のロゴがデザインされたシックなデザインに。箱だけでもかなり価値アリ。

  • S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー パッケージ
  • S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー パッケージ

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー パッケージ

裏面には何と小窓が付いており、本体がのぞくという今までのフィギュアーツでは見たことのない特別仕様に。昔のアメトイとかを豊富とさせるデザインですね。

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー パッケージ

もはやどっちが表かわからん。

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー パッケージ

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー パッケージ

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー パッケージ

ブリスター状態。交換用頭部や各種手首や武器が付いています。

S.H.フィギュアーツ バットマン(1989)の本体

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー 本体

早速取り出して、S.H.フィギュアーツ バットマン(1989)のレビューです。まずは全身から見ていきましょう。

  • S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー 本体
  • S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー 本体

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー 本体

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー 本体

まず触った感じとしては、マントが厚い!スゴイごわついており、マントで本体のほとんどが隠れています。劇中再現としては近いかと思いますが、もう少し薄めにしてくれるとありがたかったかなー。
バットマン本体自体はなかなかよさげ。劇中の特徴的なシルエットやスーツもかなり良く再現されています。

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー 本体

  • S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー 本体
  • S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー 本体

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー 本体

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー 本体

バストアップ。デジプリによって再現された目は正直とても見辛い。理由としては目の周りの黒いところまでデジプリで塗られており、光に思いっきり反射してしまっているからですね。黒いところは普通に塗装でもよかった気がします。
マスクの造形自体はかなり劇中に近い。首の動かない特徴的なマスクを質感とともに良く立体化していると思いますね。また露出したアゴもマイケル・キートンの特徴的な口元をしっかり再現されています。この口の再現はかなり良いですねぇ。

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー 本体

胸元にはイエロー地のマークもしっかりと再現しています。

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー 本体

マントに隠れて見えづらいボディ周り。胸筋や腹筋の表現が良くできていますね。ブラックなのでとても力強くてカッコいい。

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー 本体

ベルトの色は写真で見るとちょっと違いますが、もっときなこっぽい色をしています。

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー 本体

マントで隠れた背中は割とシンプル。

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー 本体

そして気になるマント。非常に厚手でごわついているのがすこし残念。形状としてはとても良いので、もう少し薄くしてもらえたらとても良くなっていたと思いますね。

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー 本体

マントの内側にはL字型のスティックが入っており、これを持ち手として使うことで、マントを大きく広げることができるようになります。

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー 本体

腕はこのゆに太くもなく細くもなくな、造形で問題なし。で事案もシンプルですね。

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー 本体

クローも3本再現。結構硬めで尖っているので、マントの内側に引っかからないように注意。

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー 本体

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー 本体

脚もりゅこうな再現度。

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー 本体

太ももはマットな塗装が目立ちますね。浮き上がった筋肉もリアル。

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー 本体

ブーツにはテカリのある塗装が施されています。

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー 本体 MAFEX バットマン(ジャスティスリーグ) 比較

MAFEXのバットマン(ジャスティスリーグ)と比較していみましょう。比べればわかりますが、今回のフィギュアーツ バットマン(1989)がかなり小さめなのがわかると思います。
MAFEX自体もすこし大きめなせいおありますが、もう少し大きく造形してもよかった気がしますね。実際に2人の身長差がどれほどあるかわわかりませんが。

S.H.フィギュアーツ バットマン(1989)の付属品

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー 付属品 手首パーツ

こちらは付属の手首パーツ一覧。中にはトライアングルガードが付いたものもあり。

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー 付属品 グラップルガン

こちらはグラップルガン。おなじみのバットマンの武器ですねえ。特に発射状態の再現はできませんね。

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー 付属品 バットラング

こちらはバットラング。なかなかの鋭さ。塗装もガンメタチックで良好です。

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー 付属品 手裏剣

小さな手裏剣。質感も良い感じ。2個付属します。

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー 付属品 ガントレット

そしてこちらがガントレット。腕に付けることができるようになっています。塗装や造形もとても細かい。

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー 付属品 ガントレット

ただ腕にはめても取れやすいのがちょっと気になる。

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー 付属品 ガントレット

先端部分はこのように開閉することが可能に。

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー 付属品 差し替え頭部

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー 付属品 差し替え頭部

そしてこちらが差し替え頭部の、目線が右に向いたもの。今回は首が動かないので、こういった目線が異なる頭部はありがたい。また唇も少し開いて、歯が見えています。
交換には胸のマークがロック代わりになっているので、それを外して交換します。またあごのパーツも取り外して交換することができるようになっています。

S.H.フィギュアーツ バットマン(1989)の可動範囲

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー 可動範囲

首は全く可動しません。完全固定となっています。これはしっかり劇中再現ですね。
肩の可動は広く動かすことが可能に。

  • S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー 可動範囲
  • S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー 可動範囲

腰の前後もしっかり可動。

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー 可動範囲

腰と胸下の回転もしっかり動きます。

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー 可動範囲

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー 可動範囲

開脚も広きなっていますね。接地性はきつめ。

S.H.フィギュアーツ バットマン(1989)のアクション!

Youtubeでもレビューしていますので、ぜひご覧ください!

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー アクション

暗闇から浮かび上がるバットマン。

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー アクション

目に落ちる影のバランスも絶妙(ライティング大変だった)

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー アクション

ということで、S.H.フィギュアーツ バットマン(1989)のアクションをしていきましょう!

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー アクション

首は動きませんので、基本的に前方向と右方向への攻撃がメインかなと思います。

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー アクション

マントが厚いので、派手なポーズさせてもなかなか見えづらい。

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー アクション

顔はイケメン。特に口元の再現は素晴らしい。

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー アクション

目も判別できるようになれば、意外と見えてくるかも。

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー アクション

大きく足をあげてキックも。これはマントとその中にあるスティックがうまく支えになってくれています。

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー アクション

グラップルガンを装備。

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー アクション

少し持たせ辛かったのが気になった。

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー アクション

バットラングの形状が一番好き。

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー アクション

MAFEXだとバットラングは複数付属することが多いですが、アーツのバットマンは1個のみ。

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー アクション

手裏剣も持たせる。

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー アクション

結構手裏剣が小さいので、手に埋まってしまいますね。

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー アクション

ガントレットを装備させる。

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー アクション

先端が開くのは細かいですね。

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー アクション

スティックを持たせてマントを大きく広げる。結構安定して広げることができますね。これは迫力がある。

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー アクション

スタッと着地。

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー アクション

アゴだけでマイケル・キートンだってわかる。

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー アクション

首は全く動かないけど、かっこよさは変わらない。

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー アクション

クリスチャン・ベール版やベン・アフレック版も近年では人気ですが、キートン版もいいぞー。

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー アクションMAFEX バットマン(ジャスティスリーグ)

ということで、ベン・アフレックのバットマンと共演。マルチバースな感じになりましたね。

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー アクション フラッシュ

そしてフラッシュとも並べてみる。

ご存知の人もいると思いますが、これは2022年公開映画『フラッシュ』のコンセプトアート再現。どうやら映画にはマイケル・キートンが約30年ぶりにバットマン役として復帰するとのこと。なのでこの共演も近々見ることができる。楽しみ過ぎるーーー!

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー アクション フラッシュ MAFEX バットマン(ジャスティスリーグ)

そしてさらに、一時は降板していたベン・アフレックも『フラッシュ』でバットマンにもどるということで、こういった3人の共演も実現するかもしれない。かなり熱い展開ですよねー。たまらない。

S.H.フィギュアーツ バットマン 1989 レビュー アクション バットモービル

最後は彼が乗っているバットモービルと並べて終わり。

以上、S.H.フィギュアーツ バットマン(1989)のレビューでした。

やはりマントの厚さと大きさは気になってしまいましたねー。ほんとうにこの厚さには驚いた。シルエットとしては最高ですけど、せめてもう少し薄めにしてくれたらより遊びやすかったかもしれないですね。
それを除けばすそいかっこいいバットマンのフィギュアでしたねぇ。約30年以上前の映画から立体化されたので、まさに待望のアイテムでした。可動範囲も首以外は良好でとてもかっこよくポージングを決めることができました。
またヘッドについても確かに目は見辛いですが、特徴的なマイケル・キートンの口の形などの再現は流石でした。これだけでもすぎにキートンだといういのがわかるのがスゴイ。
今後も昔の『バットマン』映画のキャラをアーツ化してほしいですねぇ。まずはジャック・ニコルソンのジョーカー、そしてヴァル・キルマーやジョージ・クルーニーのバットマンとかも欲しくなりますね。

ゆとぴ

関連記事を読む

コメントをする