パティ・ジェンキンス監督、『ワンダーウーマン3』制作中止報道に声明 ー 「降板はしていない」

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

先日突如として報じられたDCUシリーズ最新作『ワンダーウーマン3』の製作中止

公式発表はないものの、一部報道ではパティ・ジェンキンス監督とワーナー・ブラザース・ディスカバリーの間で脚本の内容に折り合いをつけることができずに、ジェンキンス監督がプロジェクトから離れたとも伝えられていた。

そんな報道についてパティ・ジェンキンス監督本人は声明を発表し、『ワンダーウーマン3』からの降板はしていないとコメントした。

これはまったく真実ではありません。私は絶対に降板していません。現時点で何かを物事を前進させるために私ができることは何もないのですが、DCは彼ら自身がしなければならない変更に追われているので、これらの決定がとても難しいことになっていることを理解しています』

ジェンキンス監督はまだプロジェクトから離脱していないとしながらも、現在の状況を進展させるためにできることはないとも話している。

おそらくこれはDCスタジオのトップであるピーター・サフラン氏とジェームズ・ガン監督の二人がDCUシリーズの今後の計画を策定していることを指していると思われる。一部ではこのプランに『ワンダーウーマン3』の脚本の内容が合わないとされているため、プロジェクトを進展させるためには2つのプランがどのように折り合いを付けていくのかが重要だと言えるだろう。

またジェンキンス監督はワンダーウーマンに対する想いについても語っている。

『私は「ワンダーウーマン」での美しい物語に対して、ネガティブな印象を与えてしまうのを望んでいません。私は2つのワンダーウーマン映画を作ることができたことを愛し、とても光栄に思っています。彼女は信じられないほどのキャラクターなんです。彼女の価値観に触れると、人々はより善人になっていきます。私がいてもいなくても、彼女と彼女の物語が素晴らしい未来を迎えることを願っています

この声明について当事者の一人でもあるジェームズ・ガン監督はTwitterにて簡易的にリアクションを見せている。

『ピーター(サフラン)とあなたとの会話はすべて、楽しくてプロフェッショナルなものであったと証明できます』

ちなみにスター・ウォーズ映画『Rogue Squadron』についても現在も計画中であることをコメントし、彼女が手掛ける予定の2つの映画からは降板してないことを明らかにしている。

果たして『ワンダーウーマン3』の製作は無事に実現するのだろうか?今後新たな情報が入り次第お知らせをしていく。

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。