モードックが『アントマン3』に登場するかも? - AIMは『ブラックウィドウ』でも暗躍か

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

マーベル・スタジオは様々なキャラクターを登場させるための計画をしている。直近では『ブラックウィドウ』に人気ヴィランのタスクマスターが待望のMCU初登場を果たす。

そんな中でまた新たに人気ヴィラン登場の可能性が出てきた!

悪の科学者モードック

様々なスクープを多く発信するダニエル・リッチマン氏は、今回新たにMCUに登場するヴィランとしてモードックが思っているよりも早く登場すると伝えている。

MODOK Rumored to Appear in Future Marvel Studios Project

リッチマン氏はモードックが皆が思っているよりも早く、そして今後製作される予定のペイトン・リード監督作品『アントマン3』に登場すると報告している。
『アントマン3』自体はまだ公式に製作発表が行われたものではなく、公開時期に関しても不明だ。
しかしペイトン・リード監督自身は以前のインタビューでモードックを出すことに前向きであることを明かしており、その可能性は高そうだ。

モードックとは大きな頭に小さな手足を持つ不気味な外見をしたヴィラン。悪の科学者であり「AIM(アドバンスド・アイデア・メカニックス)」の首領でもある。AIMはすでにいくつかのMCU作品に登場しており、直近だと『ブラックウィドウ』の物語の裏で暗躍をしているのではないかともいわれている。

モードック自体はマーベルファンからも人気のあるキャラで、Huluでは単独のアニメシリーズが配信される予定だ。日本ではゲーム『MARVEL VS CAPCOM』やアニメ『ディスクウォーズ:アベンジャーズ』に登場しており、名前もある程度知られているだろう。

実写でのモードックの表現はかなり不気味なものになりそうだが、果たして描き方はどのようなものになるのだろうか?その点も注目していきたい。

今後新たな情報が入り次第お知らせしていきます。
MCU最新映画『ブラックウィドウ』は2020年5月1日に日米同時公開予定

関連記事を読む

コメントをする