『ブラックウィドウ』予告編に謎の組織が暗躍? - エレーナの横にある文字に注目

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

MCUシリーズのフェイズ4の1作目として公開を予定しているマーベル・スタジオ最新作『ブラックウィドウ』
最終予告編も公開され、いよいよ公開を待つだけとなっている昨今。

そんな予告にある組織の名前らしきものが写っていることを海外ファンが発見した。

AIM(アドバンスド・アイデア・メカニックス)?

『ブラックウィドウ』の予告編ではフローレンス・ピューが演じるエレーナが拘束され横たわるシーンが確認されている。天井を一点に見つめた表情に違和感を覚えたファンも多いことでしょう。

そんな彼女の横にあるアルファベットの文字に海外のファンが注目をした。

目を凝らしてよく見てもらいたいのだが、写真上部の薄暗い部分に「AIM」という文字を確認することができる。
海外ファンは「AIM」がコミックスに登場する組織「アドバンスド・アイデア・メカニックス」ではないかと推測している。

AIMは技術的方法によって権力の獲得と各国政府の転覆を目論む科学者たちの組織。第二次世界大戦時ではヒドラの科学研究部門として組織されており、その後独立し、ハードウェアや武器を製造した組織となっている。

このAIMが『ブラックウィドウ』の裏で暗躍し、エレーナを何かしらの手段で捕獲したのだろうか?ぱっと見では人体実験を行おうとしているようにも見える。まさか超人兵士計画が復活か?

時系列が『シビルウォー/キャプテンアメリカ』と『アベンジャーズ/インフィニティウォー』の間ではあるが、現在の時間軸ではエレーナがどこにいるのかはわかっていない。

果たしてMCUシリーズとしては挑戦的な作品でもある『ブラックウィドウ』はどのようなフェイズ4の幕開けを見せてくれるのだろうか?
映画は2020年5月1日に日米同時公開予定だ。

関連記事を読む

  1. アバター おばけぼうや より:

    AIMってアイアンマン3に出てこなかったっけ

コメントをする