『機動戦士ガンダム』がNetflixで実写映画化 ー レジェンダリー製作で『キングコング:髑髏島の巨神』監督就任

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi )です。

日本を代表するロボットアニメである『機動戦士ガンダム』が、Netflixで実写映画化することが公式より発表された。

製作は『ゴジラVSコング』も公開中のレジェンダリー・フィルム、監督には『キングコング:髑髏島の巨神』を製作したジョーダン・ヴォート=ロバーツ監督がメガホンをとることに。脚本には数々の賞を受賞し、マーベルやDCコミックス作品も手掛けた経験のあるブライアン・K・ヴォーン氏。ケール・ボイター氏とともに製作総指揮にも参加している。

まさにタレント揃いとなる実写映画版『機動戦士ガンダム』。その内容については一切あ~されておらず、時系列についても宇宙世紀なのか、はたまた別のアナザーユニバースに属するのかは不明だ。

振り返ると2000年には米国にてドラマシリーズ『Gセイバー』が製作されており、一応宇宙世紀の最も未来のストーリーを描いた作品として、ファンの間ではときたま話題に上がる作品も存在している。スティーブン・スピルバーグ監督の『レディ・プレイヤー1』にも仮想世界ながらガンダムが登場し、メカゴジラとバトルをしている。
他にも先日にはネット配信限定で『ガンダムビルドリアル』なる実写作品も展開されている。

横浜には動く実物大ガンダムが建造されるなど、ますますコンテンツとして盛り上がっているガンダムシリーズ。ハリウッドの製作陣が手掛ける『機動戦士ガンダム』がどのような作品になっていくのか期待しておこう。

関連記事を読む

コメントをする