MCU版『ブレイド』が5月に撮影開始か ー 以前は脚本書き直しで公開も延期

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズでリブートされることが予定されているヴァンパイア・ハンターの映画『ブレイド』

スケジュールでは2022年11月には撮影を開始することになっていたのだが、メガホンを取る予定だったバッサム・タリク監督が突然の降板を発表し、さらには執筆された脚本に対しても主演のマハーシャラ・アリや、マーベル・スタジオ代表のケヴィン・ファイギ氏の二人が難色を示していたことから、脚本の執筆し直しが行われているとされている。

そんな『ブレイド』、最新情報によると2023年5月30日にも撮影をスタートするとのことだ。

元は1月に撮影を始めるともされていたのだが、今のところそのような動きはないため、5月というのもまだ確信を持てるものではないだろう。

『ブレイド』は制作に関する問題によって当初予定されていた公開日も10ヶ月ほど後ろ倒しされており、一時はほぼ振り出しの戻ってしまったことが推測される。

現状では新たな監督にヤン・ドマンジュ氏が就任しており、脚本についても完成に近づいていることが予想され、少なくとも公開日まで一年以上は制作スケジュールを組んで進められると思われる。そのため5月頃の撮影開始も大きくずれることはないはずだ。

『ブレイド』はマハーシャラ・アリが主演のヴァンパイア・ハンターを主人公にした映画で、かつてはウェズリー・スナイプスによる同名映画が3部作制作されており、いまなおファンを持つ人気シリーズとなっていた。

マーベル・スタジオの元でリメイクされることになる今作ではどこまで残虐・グロ表現などが盛り込まれるかも注目されている。
ヴァンパイアが敵ということもあり、かつての三部作では血しぶきを浴びるシーンや人体が崩壊するシーンなどの演出も数多く描かれてきた。

表現方法によってはR指定にされる可能性もあるが、家族層をターゲットにしているMCUシリーズだけに、どこまでこういった表現に挑戦できるのかにも注目だ。

『ブレイド』は2024年9月6日に全米公開予定だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。