マーベルプロデューサー、MCUのマルチバースは『ロキ』から始まった ー 「NWHの出来事は起きなかった」

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズは現在『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』マルチバースの展開が始まっているが、その一番最初の作品はDisney+ (ディズニープラス)で配信されている『ロキ』だった。

この点についてマーベル・スタジオのプロデューサーであるリッチ・パーマー氏インタビューのなかでコメントをしている。

「ロキ」の出来事が起こらなかったら、シルヴィがしたことがなかったとしたら「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」と「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の出来事は起こらなかっただろう。あるいは「ロキ」の終わりでのマルチバースの活性化が、「WHAT IF…?」に見られるような可能性をもたらしました』

『ロキ』のラストでは在り続ける者という超次元的な存在がマルチバースの統制を行っていたことが明らかになっており、それまでの世界線は「神聖時間軸」というひとつの時間軸に抑えられていることが発覚していた。

マルチバースを生み出そうとしたものは無自覚だとしてもTVAに逮捕されて”剪定”されてしまっていた。そうすることでマルチバース同士の激突を抑えていたのだ。

しかしTVAによって追われ続けたことに恨みを持つロキの変異体シルヴィは在り続けるものを殺害してしまった。そうすることで無限の可能性を持つマルチバースが生まれてしまっていた。

パーマー氏はこの出来事が起きたことによって『ノー・ウェイ・ホーム』でストレンジが呪文に失敗したということを可能にしたとも話している。

ちなみに全てのマルチバースの発端は『ロキ』の出来事につながっていたことはパーマー氏の言うとおりだが、一方でストーリーとしてみてみると必ずしも関わっているわけではない。そういったことを考えれば必ずしも履修する必要はないということになっているのもうまい構成だ。

マルチバースの発端をしっかりと理解することができる『ロキ』はDisney+ (ディズニープラス)で全話配信中、シーズン2もまもなく撮影が開始予定だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全51作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。