MCU版ダークアベンジャーズは登場するのか? ー マーベルスタジオ代表がヴァルの目的にコメント

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

※この記事には『ブラックウィドウ』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

MCUはフェイズ4に入って新たな局面を迎えることが複数の作品から示唆されており、いまはそれが完成するのを今か今かと待ちわびている状況となっている。
ヒーローチームであるアベンジャーズが再び結成されていくのにも時間がかかりそうだが、どうやらマーベル・スタジオは別のチームの構築を計画し始めているようだ。

※この記事には『ブラックウィドウ』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

ヴァルの役割とは?

海外メディアのインタビューに答えたマーベル・スタジオ代表のケヴィン・ファイギ氏は、『ブラックウィドウ』『ファルコン&ウィンターソルジャー』に登場したヴァレンティーナ・アレグラ・デ・フォンテーヌについてコメントをした。

Are The DARK AVENGERS Coming To The MCU? Kevin Feige Teases Valentina Allegra De Fontaine’s Grand Plan

『彼女はなにかをしています。採用モードに入っています。彼女をMCUに連れていくという考えは、適切なものがあるならば私たちがやりたかったことでした。』

ジュリア・ルイス=ドレイファス演じるヴァレンティーナ・アレグラ・デ・フォンテーヌ、通称ヴァルは『ブラックウィドウ』のポストクレジットシーンに登場。『アベンジャーズ/エンドゲーム』の後の時系列ではすでにエレーナをスカウトして仕事を依頼しているなかになっていることが明かされている。

また『ファルコン&ウィンターソルジャー』ではキャプテンアメリカをクビになったジョン・ウォーカーの前に現れ、最終話では新スーツとUSエージェントという名前を授けていた

初出は『ファルコン&ウィンターソルジャー』ではあったが、本来は『ブラックウィドウ』で先に登場する予定だったことをケヴィン・ファイギ氏は明かしている。

彼の言うようにヴァルは現在採用モードに入っており、わかっている限りではUSエージェントとエレーナが彼女の元に集まっている。ファンの間では女性版ニック・フューリーとも呼ばれており、ダークアベンジャーズを結成するのではないかと噂されている。

コミックでのダークアベンジャーズはヴィランによる偽物集団の色合いが強いのだが、MCUの場合はヴィランの参加は今のところ見られていない。もちろん今後の活動によってはヴィランに墜ちてしまう可能性もあるだろう。事実、エレーナはヴァルに依頼されたクリント・バートン/ホークアイの命を狙うことになっているようだ。

影で暗躍するもうひとつのチームはMCUに登場するのだろうか?ヤングアベンジャーズの結成とともに注目をしていこう。
『ブラックウィドウ』は現在劇場にて上映中、Disney+ (ディズニープラス)でもプレミアムアクセスで配信中だ。

関連記事を読む

コメントをする