マーベル・スタジオ、『サンダーボルツ』の製作を開始か? - 現状では超初期段階とも

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

マーベル・スタジオは次の10年間に向けて臆することなく様々な作品展開に挑んでいます。すでに映画やドラマも複数展開が予定されていますが、また新たな作品に関する情報が入ってきました。

悪の軍団誕生か?

海外メディアのMCU Cosmicによると、マーベル・スタジオは『サンダーボルツ』の製作へのプロジェクトに取り掛かったと報じています。

Early Development on ‘Thunderbolts’ Has Begun

プロジェクトはまだ超初期段階とされており、まだまだ詳細な情報は決まっていないと思われます。また作品が映画になるのかドラマになるのかもわかってはいません。もちろん公開時期や登場キャラクターについても不明です。

コミックでのサンダーボルツは様々なメンバーが所属しており、活動目的も様々。現在はレッドハルクへと変貌したサンダーボルト・ロスを中心に、エージェント・ヴェノム、エレクトラ、デッドプール、パニッシャーが所属しています。名前を見るだけでも地雷臭がするキャラクターたちですね。

またスパイダーマンの宿敵であるノーマン・オズボーン(グリーンゴブリン)、デアデビルの宿敵ブルズアイ、『ブラックウィドウ』に登場するヴィランであるタスクマスターも登場していました。

実写になる場合どのキャラクターが登場するのかはわかりませんが、以前には『ダーク・アベンジャーズ』の製作の噂もありましたので、もしかしたらマーベル・スタジオはヴィランをメインとして作品の製作を計画しているのかもしれませんね。DCコミックスの『スーサイド・スクワッド』のような映画を目指しているのかな?

今後『サンダーボルツ』に関する情報が入り次第お知らせいたします。

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です