マーベル・スタジオ、ついに実写『ノヴァ』を製作開始か - ドラマか映画かは不明

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

マーベル・スタジオはまだまだ製作予定の作品を隠し持っている。

先日海外メディアからの情報で『ゴーストライダー』と『シークレット・ウォーリアーズ』の実写化計画が進行中であることが報じられていたが、最近になってまた新しい作品の名前も浮上してきた。

ノヴァの惑星はサノスによって滅ぼされているが・・・

海外メディアのComickbook.comは、マーベル・スタジオが『ノヴァ』の実写化に向けて動き出していると報じている。

Nova Development Moving Forward at Marvel Studios

今のところの情報ではDisney+ (ディズニープラス)のオリジナルドラマなのか映画なのかはわかっていない。しかし以前から実写化の噂もあり、かつマーベル・スタジオ代表のケヴィン・ファイギ氏も前向きなコメントをしていたことがあったため、可能性としては高いように見える。

ノヴァのMCU参戦は実は『アベンジャーズ/インフィニティウォー』の初期の案で計画されていたそうで、映画冒頭でドクターストレンジが住むサンクタムに激突し、地球にサノスが襲来してくることを告げる役目だったそうだ。
実際に映画ではノヴァの出番の部分がそっくりそのままブルース・バナーに置き換わってしまっている

またノヴァはザンダー星とも関係の深いキャラクターであるが、当のザンダー星はパワーストーンを奪いに来たサノス軍によって滅ぼされたことがソーの口より明らかになっている。
出番が無くなったうえに星が滅ぼされてしまったというのは、ノヴァも気の毒でならない。

一方で滅ぼされたザンダー星が映像として登場したわけではないため、本当に滅ぼされたかどうかは疑わしい部分もある。

ノヴァを主人公にした作品ならばザンダー星に触れないわけにはいかないため、『アベンジャーズ/インフィニティウォー』の裏でなにが起こっていたかが明らかにされていくと予想される。

複数の海外メディアは直近でマーベル・スタジオが『ゴーストライダー』『シークレット・ウォーリアーズ』、そして『アイアンハート』の製作に乗り出しているとされ、『ノヴァ』もスタジオが持つ実写化リストに組み込まれているのかもしれない。

今後も実写『ノヴァ』に関する情報が入り次第お知らせいたします。

関連記事を読む

コメントをする