神山健治監督が描く長編アニメ映画『The Lord of the Rings: The War of the Rohirrim(原題)』が2024年に全米公開決定!

この記事を書いた人

さくし

さくし

YouTubeフィギュアレビューなどを上げています/ラジオ ゆとぴのヒーロー界隈談義 サブMC/映画、特撮、デジモン、ヒロアカが好き

Twitter:@sekisakudigimon

Youtube:HuruSaku Channel

いつもご覧いただきありがとうございます。さくし(@sekisakudigimon)です。

ドラマシリーズの予告編が公開され話題の『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ
そのアニメ映画の全米公開日が発表され、その監督に『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』、ネトフリアニメ『ULTRAMAN』などの監督を務める神山健治氏の起用が発表された!

海外の記事によると、ワーナー・ブラザース・アニメーションとニュー・ライン・シネマのアニメ作品『The Lord of the Rings: The War of the Rohirrim(原題)』は2024年4月12日全米公開が決定した。

〈The War of the Rohirrim(ロヒアリムの戦い)〉とは、『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』(2002)で舞台となった〈ヘルム峡谷〉がヘルム峡谷と呼ばれる以前の戦い。フロドたちの冒険の数百年前が描かれる。
今作をプロデュースするのは、ピーター・ジャクソン監督と共に『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』シリーズの共同執筆を務めたフィリッパ・ボウエン氏。過去の映画作品との関係性も期待できそうだ。

今作の監督を務める神山健治氏は日本のアニメ監督。『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』『精霊の守り人』などの監督を務め、全米ではすでに公開されている『ブレードランナー:ブラックロータス』なども手掛けている人物。今作の制作が発表された際、ツイッターで「チャンスはめったに訪れない。」という発言と共にツイートしていた。

日本での公開はまだ未定と見られるが、日本人監督作品である今作、ぜひとも公開されてほしい。
『The Lord of the Rings: The War of the Rohirrim(原題)』は2024年4月12日に全米公開予定!

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。