ジェームズ・ガン、新たな『スーパーマン』映画製作をアナウンス ー 若いスーパーマンに焦点

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

DCUシリーズの新しいプランを策定しているDCスタジオ代表のピーター・サフラン氏とジェームズ・ガン監督。

その産みの苦しみともいうべきバッドニュースが怒涛のように伝えられているが、そのなかでガン監督は新しいスーパーマンの映画を製作することをTwitter上で明らかにした。

『プランに載っているキャラクターの中にはスーパーマンがいます。最初の段階の私たちの物語では、スーパーマンの初期の部分に焦点を当てているので、キャラクターはヘンリー・カヴィルによって演じられることはありません

DCUプランでのスーパーマンは若い時期に焦点を当てるということで、年齢的にもヘンリー・カヴィルが演じるのは確かに難しい。そのために彼が降板になってしまうというのもファンとしては複雑な気持ちではある。

具体的に若いスーパーマンが誰のことを指しているのかは分からないが、クラーク・ケント(カル=エル)のスーパーマンのことだとしたら全く新しくスーパーマンの物語を描きなおしていくことは間違いなしだろう。
20年ほど前にはドラマ『ヤング・スーパーマン』が放送されていた過去があり、今回の映画とも似た部分があるかは気になるところだ。

新しいスーパーマンを誰が演じるかについてはまだ決まっていないと思われ、ガン監督自身が脚本を執筆しているとされている。また製作に関してもガン監督がメガホンを取る可能性があるとのことだ。

DCコミックスのなかでもバットマンやワンダーウーマンと並んで屈指の人気を誇るスーパーマン。全く新しくスーパーマンを描き直すということは、ザック・スナイダー監督が築いたDCEUシリーズは実質的に終了したようなものである。

果たしてヘンリー・カヴィル降板後の彼はどのようなキャラクターとして描かれるのだろうか?今後の情報に注目しておこう。

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。