ハーレイクインソロ映画が浮上か?マーゴット・ロビーがインタビューで語る。

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

 

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。 プロフィールはこちら

ツイッター:@frc_watashi_ame アメコミ垢@frc_watashi 特撮垢

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

DCフィルム・ユニバースは多くのハーレイクイン作品を抱えることになりそうだ。

昨年公開されたDCコミックスのヴィランたちが活躍する映画『スーサイド・スクワッド』。
その中でも人気を集めたのはマーゴット・ロビー演じるハーレイクイン。日本でも一時的なブームとなった。

多くのファンが『スーサイド・スクワッド2』を望む中、他にも『ゴッサムシティ・サイレンズ』『ハーレイクインVSジョーカー』など合計3作品がワーナーブラザーズが企画として浮上している。すべてハーレイクインが登場する作品だ。

最近のマーゴット・ロビーのインタビューではこの3作品に新たにもう1つ加わる可能性が浮上した。

ハーレイクイン単独作品製作か?

ハーレイクインを演じるマーゴット・ロビーはMTVのインタビューで、今後の製作される映画について答えている。


Margot Robbie Confirms She's Working On A Standalone HARLEY QUINN Movie

『私は2年間この役を演じてきたわ。詳しいことは話すことができないけど、確かなのは私は今、まったく別のハーレイクインのスピンオフ作品に取り組んでいます。

正直なところ、このスピンオフ映画が『ゴッサムシティ・サイレンズ』や『ハーレイクインVSジョーカー』のことなのかははっきりしていない。
しかし少なくともマーゴット・ロビーがハーレイクインを再び演じることは確証が持てそうです。

実現可能性が高いのは『スーサイド・スクワッド2』。監督の交代や撮影開始の情報もあるので、マーゴット・ロビーが撮影に参加している可能性は高い。

しかし、彼女はインタビューで”全く別のハーレイクイン”ということを答えている。それが作品が別ということなのか、ハーレイクイン自身に何か変化が起きたことによる”別”という意味なのかはわからない。

ですが、ハーレイクイン周りで多くの作品情報が噂されるなかで、やはりスピンオフ作品の可能性は高いと思われます。
『スーサイド・スクワッド』自体の成績が悪くても、ハーレイクインというキャラクターの人気はあり、WBが活かさない手はないでしょう。

いずれにしても近いうちにハーレイクインが登場する作品のアナウンスがあると思われます。
新しい情報に注目しておきましょう!

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!