FOX、ディズニー傘下での公開映画数が縮小か - 2017年公開映画の半数に

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

ツイッター:@frc_watashi_ame

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

ウォルト・ディズニー社による20世紀FOXの大買収は、映画ファンにとって良い面もあれば悪い面もあります。
マーベルファンとしては『X-MEN』『ファンタスティック・フォー』がマーベル・スタジオのもとて集約されるのは、非常に嬉しいことではあります。

しかし最近ディズニー社が発表した映画公開スケジュールから読み取れるのは、少々残念なものなのかもしれません。

ディズニー傘下のFOX映画は半数へ

ディズニー社が発表した映画の公開スケジュールでは、おなじみにピクサー映画をはじめ、スターウォーズ作品、マーベル作品が名を連ねていました。その中には新たにFOXの作品も加わり、ディズニーの規模の大きさを表すものにもなりました。

しかしバズフィードの記者であるアダム・ベリー氏はツイッターで、FOXの年に5~7本程度の公開スケジュールが2017年と比べて約半数に減少していることを指摘しています。


『ボブ・アイガー(ディズニー社会長)によると、20世紀FOXの年5~6本公開は2017年の12本と比べると規模が縮小している。』

ディズニーは基本的にFOXが持つ資産をそのまま活用するような姿勢も見せていましたが、先日には映画部門の1つである「FOX2000」を終了させることを発表しています。その影響で多くの幹部が解雇に遭いました。

もちろん『デッドプール』『キングスマン』『アバター』などの人気作品はディズニーの元でも継続されることが判明していますが、それ以外のプロジェクトでとん挫に追い込まれた作品はいくつか存在しています。

例えばX-MENシリーズとして製作が予定されていた『ガンビット』や『マルチプルマン』などです。『ニューミュータンツ』は公開延期に追い込まれています。

ディズニーは今後数か月以内にも何かしらの事業構造の改革に乗り出す可能性があります。また新たな情報が入り次第お知らせいたします。

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!