アンジェリーナ・ジョリー、元々は『エターナルズ』カメオ出演の予定だった ー のちに役割が大きくなる

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズの最新作として公開が予定されている映画『エターナルズ』には、日本でも有名なハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーが出演していることでも話題になっている。

彼女はエターナルズのひとりであるセナを演じており、様々な武器を生成して戦うキャラクターを演じている。

そんなアンジェリーナ・ジョリー、実は当初はカメオ出演レベルの出番しか予定されていなかったことが明らかになった。

伝説のエターナルズポジションだった?

海外メディアのインタビューに答えた『エターナルズ』のプロデューサーであるネイト・ムーア氏は、今作の製作当初、アンジェリーナ・ジョリーはカメオ出演で想定して進めていたことを明らかにした。

Eternals: Angelina Jolie Was Originally Going To Be A Cameo

『私たちが最初にアンジェリーナ・ジョリーと話をした時、彼女は非常に小さなカメオにしていたと思っていました。のちに彼女の役割の大きさに驚き、セナに熱心になり、彼女の動きや戦闘スタイルを作成することになりました。』

アンジェリーナ・ジョリーが演じるセナは『エターナルズ』ではメインキャラクターになることはなく、ある意味では伝説的なエターナルズになる予定だったと海外メディアが伝えている。そのため非常に少ない登場時間のカメオ出演にとどまる予定だった。

しかし事が進んでいくうちにアンジェリーナ・ジョリーのセナの役割が大きくなっていったことをムーア氏は語っている。今ではセナはメインキャラクターの中のひとりであり、公開前の段階ではすでに人気キャラクターの一角を担っている。

著名なアンジェリーナ・ジョリーのMCU参戦ということでも話題性が高く、今作においては欠かせない存在になっているのは言うまでもないだろう。

ちなみに当の本人は当初スーパーヒーロー映画に出演するつもりはなかったことを別のインタビューで話していた。

多くのキャラクターたちが活躍する『エターナルズ』は2021年11月5日に日本公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする