『エターナルズ』監督、LGBTQ+キャラへのアプローチ理由を言及 ー 「多様性が重要」

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズの新作として公開を控える映画『エターナルズ』では、初登場するヒーローが10人と多く、最初からチームを組んでいるという今までにないキャラクターたちとなっている。

そんな『エターナルズ』を制作したクロエ・ジャオ監督は、今作におけるLGBTQ+のキャラクター登場の重要性を語ってくれた。

「観客に自己投影してほしい」

海外メディアのインタビューに答えたクロエ・ジャオ監督は、『エターナルズ』におけるLGBTQ+キャラについて語った。

Eternals Producer on Approach to Diversity and LGBTQ+ Representation

『率直に言って、個人的に多様性が重要だと思っています。映画製作者として私達は観客に自己投影してもらいたいと思っています。エターナルズの素晴らしいところは、LGBTQ+について話す必要がなく、物語の一部に過ぎないというところです。』

多様性が叫ばれる昨今において、より自分に近いキャラクターが登場することで映画のキャラクターに自分を反映しやすくするために、今回の取り組みをしたと監督は話した。

今作にはMCU初のゲイのヒーローであるファストスや、聴覚障害を持っているマッカリの登場など、新しい試みが行われている。この他にもエターナルズは男女比が半分で、年齢もさまざま、人種もさまざまな構成となっており、今までのスーパーヒーロー映画としても特徴的な作品となっている。
まさにクロエ・ジャオ監督が言う多様性が反映されているとも言えるだろう。

一方でまだLGBTQ+に理解のない一部の国では検閲に引っかる可能性があると言われているが、監督を含めたマーベル・スタジオとしてはそういったものには屈せずに、多様性を維持するとも話している。

MCUシリーズとしても新しい取り組みがふんだんに盛り込まれている映画『エターナルズ』は2021年11月5日より日本公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする