ディズニー、Netflixマーベル作品が「ディズニー+」で配信される可能性に言及!

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

ツイッター:@frc_watashi_ame

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

Netflixの人気ドラマシリーズである『デアデビル』『アイアンフィスト』『ルーク・ケイジ』の新作製作が中止のニュースが世界中を駆け巡って数か月。マーベルドラマのヒーローたちの行く末を不安視しているファンは数多くいると思います。
特に高評価にも関わらず、シーズン4の製作が見送られた『デアデビル』には多くのファンが落胆したことでしょう。

しかしディズニー社は、これらのNetflixマーベルヒーローたちの今後の新作の可能性について新たなコメントをしています!

「ディズニー+」でまた活躍がみれるかも?

ウォルト・ディズニー社で消費者と国際部門の会長を務めるケビン・マイヤー氏は、「ディズニー+」でのNetflixマーベルヒーローの新作に関する言及をしています。

Disney+ Head Says Cancelled Marvel Netflix Shows Are A Possibility

『(Netflixマーベルドラマ)はどれも非常に高品質です。まだ議論はしていないですが、今後(ディズニー+での配信)の可能性はあります。

一連のドラマの製作中止には、ディズニー社が2019年よりサービス開始する動画配信サービスの「ディズニー+」が影響しているといわれています。
ディズニーとしては自社が権利を持つキャラクターの作品をすべて「ディズニー+」へ集約することを考えており、その計画にNetflixのマーベル作品も含まれているといわれています。

ただ契約上、製作中止が決まってから2年間はNetflix以外でのキャラクターの登場は行えないことを海外メディアが報じていました。
このことから最短でも2020年までは「ディズニー+」でもデアデビルやアイアンフィスト、ルーク・ケイジの活躍を見ることは難しくなっています。

しかしこれらのキャラクターが他のマーベル作品に登場することは、公式からも言及されてはいるので、まったく見れなくなることはないと予想されています。

「ディズニー+」はほかにも、映画に登場したロキや、スカーレットウィッチ、ヴィジョンバッキー、ファルコンロケット、グルートを主人公としたミニドラマシリーズの製作を行うと伝えられていました。

今後のマーベル作品の未来はまだまだわからないことは多いですが、これらの情報を元にすればまだまだ多くの希望が持てそうですね。

また新たな情報が入り次第お知らせいたします!

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!