Netflix版『デアデビル』は正史なのか? ー 主演俳優この疑問にコメント

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

Netflixでシーズン3まで展開され、クロスオーバー作品を含めると4シーズン展開してきたドラマ『デアデビル』
契約の都合から長い間新作が製作されてこなかったが、ついにマーベル・スタジオの元で新作ドラマ『デアデビル:ボーン・アゲイン』が制作されることとなった。

そんな今作に対して期待と不安の声も多々あるなか、その不安のひとつとしてNetflix時代のドラマでの物語が現在のMCUシリーズの世界でも起きたことになっているのか、それとも全く除外されてしまうのかというものだ。

設定としてはNetflixのドラマもMCUとは同じ世界を共有していたのだが、あまりそれを表すような演出が少なかったため、どこまで意識して作られていたのかはわかっていない。

このファンの疑問について主演のチャーリー・コックス海外メディアのインタビューのなかでコメントをしている。

わからないんだ。しかし私の気持ちはこのドラマに向かっており、新しいドラマは「ボーン・アゲイン」と呼ばれている。ケヴィン・ファイギ(マーベル・スタジオ代表)はこのドラマはシーズン4ではなくシーズン1であると話していたということは、私の気持ちとしても全く新しいものです。』

厳密なところはやはりチャーリー・コックスもわからないということだが、ケヴィン・ファイギ氏が『ボーン・アゲイン』がシーズン1であるとコメントしていることは気になるところだろう。

おそらくはNetflixからDisney+ (ディズニープラス)へ移ったことや、マーベル・スタジオによる制作になることから、”仕切り直し”の意味合いでシーズン1と呼んでいるとも考えられる。そのためNetflix時代の物語が完全にリブートされるということはまだ断定はできないだろう。

ちなみにデアデビルやキングピンも登場するとされているドラマ『エコー』は実質的には『デアデビル』シーズン4になるとも言われていたため、ひょっとするとNetflixの物語から、『ボーン・アゲイン』への接続をするための役割があるのではないかと考えられる。

またキャストについてもチャーリー・コックスをはじめ、キングピンもヴィンセント・ドノフリオが演じることとなっている。さらにウワサではマット・マードックの親友で正体を知るフォギー・ネルソンやカレン・ペイジ、別ドラマではあるが、ジェシカ・ジョーンズやパニッシャーも同じキャストで再登場するとウワサされている。

マーベル・スタジオとしてもすでに人気を獲得したキャラクターや世界観をないがしろにすることはしないはずだ。果たしてどのようにしてMCUシリーズにうまく合流させていくのだろうか?今後の展開に注目だ。

『デアデビル:ボーン・アゲイン』は2024年にDisney+ (ディズニープラス)で配信開始予定だ。

『デアデビル』が見放題

Disney+ (ディズニープラス)公式サイト

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。