コニー・ニールセン、『ワンダーウーマン3』でのリンダ・カーター共演に期待コメント ー 「楽しみにしている」

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

DCEUシリーズの単独映画として初の3作目となる映画『ワンダーウーマン3』。いまのところいつ頃製作が始まり、公開されるかはわかっていないが、すでに出演者にドラマ版ワンダーウーマンを演じたリンダ・カーターが出演することが明らかになっている。

このことについてアマゾン族の女王で、ワンダーウーマンことダイアナ・プリンスの母であるヒッポリタ女王を演じたコニー・ニールセンが期待コメントを海外メディアのPopCulture.comのインタビューのなかで明かした。

『私はまだリンダ・カーターに会ってはいません。簡易的に会ったことはありますが、まだ一緒に仕事をしていません。そのため前作でどのようなものがあったかはわかりませんが、(次の映画で)ともに仕事をできることを楽しみにしています。』

リンダ・カーターは『ワンダーウーマン1984』のクレジットシーンにてサプライズ出演しており、劇中でダイアナが身にまとったゴールドアーマーの元の持ち主で、アマゾン族の伝説の戦士アステリアを演じていた。

設定では一度アマゾンから出た者は二度と戻ることが出来ないため、戦いを終えたアステリアは人間社会に溶け込みながら生活をしていることが予想される。

そんな彼女も続編にてもう一度登場し、メインキャラクターとして活躍してくれるのではないかと思われる。ガル・ガドット演じるワンダーウーマンとの共演で、新旧ワンダーウーマンの並びたちも実現するかもしれないのだ。

ヒッポリタ女王との共演もコニー・ニールセンのコメントから推測することができるため、『ワンダーウーマン3』でどのような活躍をしてくれるのか楽しみである。

今後新たな情報が入り次第お知らせしていく。

関連記事を読む