ザック・スナイダー監督、幻の『ジャスティスリーグ2』のタイムトラベルについて言及 - 『BvS』のフラッシュの真相は

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

ザック・スナイダー監督は最近、自身がメガホンをとったDC映画についてまだ明かされていない情報を解禁し始めている。

中でも誰もが疑問に思っていた、『バットマンVSスーパーマン:ジャスティスの誕生』での、タイムスリップしたフラッシュの真相について明かした。

バットマンもタイムスリップ?

『バットマンVSスーパーマン』を撮ったザック・スナイダー監督は、映画のライブ配信に合わせて様々なシーンの解説を行った。中でも未来からきたフラッシュがブルース・ウェインに警告するシーンについての解説は、幻となった『ジャスティスリーグ2』に大きく関わるものであることが判明した。

Zack Snyder Explains How Batman v Superman Flash Cameo Would Have Created New Timeline in Justice League 2

『未来で、ジャスティスリーグのメンバーはフラッシュを過去のブルース・ウェインに警告するためにタイムスリップさせることを話し合う。サイボーグがフラッシュを送り返すための計算を行い、「私は2つの可能性が見える。それはフラッシュをどこの時間に送り返すかを示している。ロイス・レーンが殺害されるときに近い瞬間、またはブルースがそれを止めることができなかった瞬間。」』

ブルースはサイボーグの言葉を聞いた後、『バットマンVSスーパーマン』時点でのブルースの元にフラッシュを送り、もう一つの時間にブルース・ウェイン自身を送り込むことを提案したとのことだ。

ということは実際にタイムスリップしたのはフラッシュとブルース・ウェイン本人の2人だったことになる。なかなか面白い展開が『ジャスティスリーグ2』で用意されていたようだ。

ちなみにザック・スナイダー監督は過去の複数のインタビューの中で、『ジャスティスリーグ』の続編で構想していた内容を共有している。
2作目ではダークサイドがロイス・レーンを殺害し、スーパーマンは闇落ちしてしまう。地球は『BvS』でブルースが見た悪夢のような状態になり、完全にダークサイドに支配された世界になってしまう。しかしフラッシュたちのタイムスリップによってロイスを救い、未来の世界でダークサイドを倒すという流れだ。
ちなみにその中でブルース・ウェインが死亡することも予定されていたとのこと。

おそらくこの内容の『ジャスティスリーグ』は見ることはできないだろうが、もし製作されていたら劇場に足を運ぶことは必至だろう。タイムスリップという点はどことなく『アベンジャーズ/エンドゲーム』に似ているところもあるが、基本的にはどちらも世界観も設定もキャラクターたちも大きく異なるため、十分に楽しめたと個人的には考えている。

現状では『ジャスティスリーグ』の続編の製作は予定されていないが、今後単独ヒーロー映画の大ヒット次第では再び製作される可能性もある。今はそれに期待しながら公開が予定されているDC映画を楽しみにしておこう。

関連記事を読む

コメントをする