なぜ『アベンジャーズ/エンドゲーム』ではトニーとペッパーの結婚式は描かれなかった? - 5年後を選んだ意味とは

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

ツイッター:@frc_watashi_ame

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

アベンジャーズが敗れ、サノスの野望が叶ってしまったあとの世界を描く『アベンジャーズ/エンドゲーム』では、成すすべなく半分の人口が消滅した世界で過ごす5年後のヒーローたちの姿が登場しています。

ブルース・バナーはスマートハルクになったり、ソーは引きこもって肥満体質に、そしてトニー・スタークはペッパー・ポッツと結婚して娘モーガンとともに暮らしていました。

しかし今まで多くの作品でトニーとペッパーのロマンスが描かれてきたのにも関わらず、2人の結婚式や妊娠をしている様子が映画で登場しなかったのでしょうか?

その理由を脚本家が明かしています。

大切なのは長期的な影響の後の姿

『アベンジャーズ/エンドゲーム』で脚本を務めたうちの1人であるクリストファー・マルクス氏は、海外メディアのBackstory Magazine誌のインタビューに答え、トニーとペッパーの結婚式やモーガンが生まれるまでの流れを描かなかった理由を明かしています。

Why Avengers: Endgame Skipped Over Tony and Pepper’s Wedding

『長期的な影響を見たかったのです。私は誰にもペッパー・ポッツへのプロポーズや結婚式、妊娠を見る必要があるとは思わなかった。私は世界が消滅によって枯渇していく様子を描きたかったのです。5年後に飛ばすことによって、問題の本質に素早く到達できました。』

5年後という大きな時間の流れによって世界の人々は前に進むものと、そのまま過去に捕らわれるものの2種類が存在していました。トニーやブルースは前へと進み、スティーブやナターシャ、ソー、そしてクリントは大きな後悔を引きずりながら日々を過ごしていました。

そういったキャラクターたちや世界の変化を描くことを目的に5年後という経過を選んだのでしょう。そこにトニーとペッパーの結婚式やペッパーの妊娠といった、あくまでも過程の話は映画にとって本質的に必要ではなかったことをマルクス氏は明かしています。

ファンとしてはもちろん結婚式は見てみたいと思いますが、3時間でも内容がぎっしりと詰まっている『エンドゲーム』ではやはり余裕はなさそうです。

今後どこかの作品で語られるかもしれませんが、現状ではトニー役のロバート・ダウニーJr.や、ペッパー役のグウィネス・パルトローMCUシリーズを卒業しています。カメオ出演ならば望みはありそうですが、大きく取り上げられることはないのかもしれません。

多くのヒーローたちの変化を見ることができる『アベンジャーズ/エンドゲーム』は2019年9月4日にDVD&Blu-rayが発売予定です。

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です