スコット・デリクソン監督、『ドクターストレンジ』続編から降板した理由が判明 ー 共同脚本家が明かす

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

MCUシリーズの新作として現在撮影が行われている映画『ドクターストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス』
今作は2017年公開映画の待望の続編として注目を集めており、主演のベネディクト・カンバーバッチ以外にもワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ役のエリザベス・オルセンも出演することとなっている。

また監督には新たにサム・ライミ監督がメガホンをとっているが、1作目のスコット・デリクソン監督はなぜ続編の製作から降板してしまったのか?その理由は明らかにされた。

別の作品の製作のため

スコット・デリクソン監督とともに『ドクターストレンジ』の脚本も執筆したC.ロバートカーギル氏は海外メディアのインタビューに対して、監督が『ドクターストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス』から降板した理由を明かしてくれた。

DOCTOR STRANGE Writer On The “Creative Differences” That Led To Scott Derrickson Departing The Sequel

スコットはある種の映画を作りたいと思っていた。しかしマーベルは別の映画を作りたかった。(中略)ストレンジを置き去りにするのは難しい選択でしたが、彼が楽しみにしていた映画を手に入れることができるようになりました。私たちが作ったものに誇りと満足を感じています。』

その映画とは2022年公開予定のホラー映画『The Black Phone(原題)』。監督としてはこの種の映画を作りたいと考えていたが、マーベルではそれができないとして、こちらの映画を選ぶこととなったようだ。これがいわゆる”創造上の相違”というヤツでしょう。
C.ロバートカーギル氏も監督と同様に『The Black Phone(原題)』の製作に取り掛かるとコメントしちえる。

『ドクターストレンジMoM』自体もホラー要素のある映画だとは言われているが、スコット・デリクソン監督としてはさらに過激な表現を含めたR指定の作品を作りたがっていたのではないかと思われる。

結局のところは同じようにホラー作品を得意とするサム・ライミ監督が『スパイダーマン3』以来のマーベル映画の製作に取り組むというミラクルが起きているため、ファンとしてはそちらも非常に気になるものとなっている。

紆余曲折をへて製作されている『ドクターストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス』は2022年3月25日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする