『WHAT IF…?』エピソード数が減り全9話になることが判明 ー 理由は新型コロナウイルス

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

Disney+ (ディズニープラス)で配信を予定しているアニメ作品『WHAT IF…?』
間もなく日本での配信も控えている今作ではあるが、当初は全10話の予定で展開されていくと発表されていた。

どうやら実際のところは1話が減って全9話になることが判明した。

Exclusive: Marvel’s ‘What If…?’ Episode Count Revealed — And It’s Not What You Think

『エピソードをシーズン2に押す必要がありました。正直なところ、他の作品と同様に、新型コロナウイルスの影響でした。完成日には間に合わないエピソードがありましたが、幸いなことに、シーズン2でそのエピソードを見ることができます。

新型コロナウイルスの影響によって1話の製作が間に合わなかったことを明かした。一方ですでに決定しているシーズン2にてそのエピソードが押し込まれると話した。ちなみにシーズン2も全9話になるとのことだ。

1話当たりの時間は30分ほどになることも判明しており、同じく30分で全9話の『ワンダヴィジョン』ほどになると思われる。シーズン2を含めれば18話になるため現状ではもっとも最長のDisney+ (ディズニープラス)のMCU作品となる。

今作には登場キャラクターのほとんどが実写作品と同じ俳優による声があてられており、アニメ作品と言えどもその豪華さは実写作品以上になるため、マーベルファンならば見逃すことはできないだろう。

『WHAT IF…?』はDisney+ (ディズニープラス)で2021年8月11日に配信開始予定だ。

関連記事を読む

コメントをする