『ワンダヴィジョン』あのキャラのミスリードは『アイアンマン3』を参考にしていた ー 監督がコメント

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

※この記事には『ワンダヴィジョン』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

多くのサプライズを提供しながらも伏線を残していったドラマ『ワンダヴィジョン』
今作では第5話にてサプライズキャラクターの登場もあり、多くのマーベルファンを驚かせていたが、その正体については賛否両論だった。

そんなファンの反応に対して今作の監督がコメントをしてくれた。

※この記事には『ワンダヴィジョン』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

『アイアンマン3』のマンダリンはお気に入り

『ワンダヴィジョン』のマット・シャックマン監督は海外メディアのインタビューのなかで、なぜエヴァン・ピーターズが演じるクイックシルバーが偽物だったのかを明かしてくれた。

「アイアンマン3」の偽のマンダリンであるとレヴァーはとても素晴らしかったです。(中略)「X-MEN」が現れなかったこと、またはマルチバースが現れなかったと少しばかりがっかりしているマーベルファンに言いたいことは、「はっきりと表れなくてもすでに来ているということ」です。もう彼らが近付いていることは知っていますよね?「マルチバース・オブ・マッドネス」という映画を持っています。ミュータントも着ます。他には誰が来るでしょうか?マンダリンも着ます。彼は「シャン・チー」のヴィランです。だからあなたの忍耐力は報われていくでしょう。』

エヴァン・ピーターズは『X-MEN』シリーズにてピエトロ/クイックシルバーで演じており、彼がそのままのキャラで登場したときは多くのマーベルファンが『X-MEN』とのクロスオーバーを期待してしまった。

結果的に最終話で彼が偽物であることがわかり、多くのマーベルファンは落胆してしまった。これはまさに『アイアンマン3』での偽のマンダリンのものにそっくりだった。
監督自身もそこからインスピレーションを受けているとも明かしていた。

マルチバースの設定も描かれてはいなかったが、過度に期待しすぎなくてもそれらは確実にMCUシリーズに導入されていくことはもうわかっていると監督はコメントした。
マンダリンも数年がかりで本物が『シャン・チー&ザ・レジェンド・オブ・テン・リングス』に登場してくることがわかっているため、エヴァン・ピーターズが演じる本物のクイックシルバーもどこかのタイミングで登場することはありえるでしょう。俳優自身は出演しているので、あとはストーリーだけなのですから。

『ワンダヴィジョン』は全話がDisney+ (ディズニープラス)で独占配信中だ。

関連記事を読む

コメントをする