『ソー:ラブ&サンダー』初予告編が解禁! ー ヒーロー卒業でロックな人生に

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズとして単独映画異例の4作目として公開予定の『ソー:ラブ&サンダー』の予告編がついに解禁された!

『アベンジャーズ/エンドゲーム』のあとにニュー・アスガルドの王をヴァルキリーに譲ることで、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーとともに宇宙に旅立ったソーは、太っていた体型から見事にムキムキのボディを取り戻し、雷神としての姿を取り戻していた。

しかしソーはストームブレイカーを置き、ヒーローを卒業してロックでノープランな人生を送ることにするという、いままでの悲劇続きだった人生から解放されたように自由に自分探しの旅に出ることになる。

予告編には『エンドゲーム』以来の登場となるガーディアンズのメンバーも登場。ヘアスタイルやひげのデザインも変わったスターロードと相変わらずのやり取りを見せるなど、ファンにも堪らない絡みを見ることができそうだ。

またニュー・アスガルドの王となったヴァルキリーやソーの仲間のコーグなどのお馴染みのキャラクターたちも登場している。

そして予告のラストではヒビの入ったムジョルニアを手に取るマイティ・ソーことジェーン・フォスターが現れ、ソーと出会うことになる。

本予告と同時にストームブレイカーをかかげるオフィシャルポスターも解禁された。

あらすじについては次のような内容になっている。

『ソー(クリス・ヘムズワース)がこれまでに直面したことのない旅、つまり自分探しの旅にでることになる。しかし、彼のヒーロー引退は、神々の絶滅を求めるゴア・ザ・ゴッド・ブッチャー(クリスチャン・ベール)として知られる銀河系の殺戮者によって中断されてしまう。脅威と戦うために、ソーはキング・ヴァルキリー(テッサ・トンプソン)、コーグ(タイカ・ワイティティ)、元ガールフレンドのジェーン・フォスター(ナタリー・ポートマン)の助けを借り
る。ソーは彼らとともには宇宙の冒険に乗り出し、ゴア・ブッチャーの復讐の謎を明らかにし、手遅れになる前に彼を止める。 』

邦題も『ソー:ラブ&サンダー』と原題と変わらぬものとなり、より期待感が集まる作品となっている。
映画は2022年7月8日にニチベイ同時公開予定だ!

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全51作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。