CSM初イベント『THE HENSHIN』をレポート!歴代アイテム展示や最新・未来のベルトも!

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi

instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi )です。

バンダイスピリッツが発売する大人気のシリーズ「コンプリートセレクション モディフィケーション」に焦点を当てたイベントがいよいよ開催。その名も「THE HENSHIN」!今回はそんな変身ベルトにフューチャーした初のイベントにお邪魔してきましたので、簡単ではありますが、会場の様子をレポートしていきます!

歴代CSMをめぐる

秋葉原のイベント会場で開催された「THE HENSHIN」。外側にはクウガやファイズ、W、オーズの人気ライダーたちが並ぶ大型パネルが設置。写真撮影する方が溢れていました。

CSM キバットベルト タツロット THE HENSHIN

そのすぐそばにはイベント開催前日にCSM化が決まった『仮面ライダーキバ』の大型パネルがあります。

CSM キバットベルト タツロット THE HENSHIN レポート

その向かいには実際のCSMキバットベルトが展示されています。

CSM キバットベルト タツロット THE HENSHIN レポート

質感や大きさなどの再現度は高いですねぇ。

CSM キバットベルト タツロット THE HENSHIN レポート

DX版からはしっかりとディティールアップしてきています。さすがCSM。

CSM キバットベルト タツロット THE HENSHIN レポート

クリアパーツの目の中には円がいくつも重なり合った模様を再現しています。

CSM キバットベルト タツロット THE HENSHIN レポート

新規造形のフエッスルも確認することができました。

CSM キバットベルト タツロット THE HENSHIN レポート

その隣には同時に発表されたCSMタツロットも展示。

CSM キバットベルト タツロット THE HENSHIN レポート

こちらはDX版からかなりクオリティーが上がっている印象ですね。全体的なスタイルなども劇中に近くなっています。

CSM キバットベルト タツロット THE HENSHIN レポート

台座も新規造形で、ベルト部分はマジックテープ式。そういえばDXのガルルセイバーバッシャーバグナムドッガハンマーとの連動性は確保されているのかな?ちょっと気になりますね。

CSM キバットベルト タツロット THE HENSHIN レポート

フエッスルは新規造形、そして今回はエンペラーフォームのキバットバットの目を再現できる差し替えパーツも付属します。

CSMダブルドライバー Ver.1.5 THE HENSHIN レポート

そして今回のイベントで先行販売されたCSMダブルドライバー Ver.1.5です。

CSMダブルドライバー Ver.1.5 THE HENSHIN レポート

今回大きく変わったのはメモリのボタンの色やシールなどの部分ですが、ダブルドライバー本体のクオリティーも上々。

THE HENSHIN レポート

会場に入ると中央にはCSMキバットベルトの特別展示があり、多くの人が集まっていました。

THE HENSHIN レポート

THE HENSHIN レポート

今まで販売されてきた歴代CSMも特集展示。その上部にはパッケージ描かれていたライダーたちの写真も展示されています。

CSM キバットベルト タツロット THE HENSHIN レポート

先ほども展示されていたキバットベルトとタツロットがまたまた登場。

仮面ライダーW コンセレ CSMダブルドライバー ファングメモリ ロストドライバー アクセルドライバー THE HENSHIN レポート

こちらは『仮面ライダーW』のアイテムですね。結構充実したラインナップ。

仮面ライダーW コンセレ CSMダブルドライバーTHE HENSHIN レポート

こちらはCSMダブルドライバー。Ver.1.5の前のバージョンですね。CSMとしてかなり初期のアイテムですね。

仮面ライダーW コンセレ CSMダブルドライバー THE HENSHIN レポート

そのほかのメモリも展示されています。

仮面ライダーW コンセレ CSMファングメモリ THE HENSHIN レポート

変形機構も備えたCSMファングメモリ。ボディのプラスチックの色合いやシルバーの塗装がかっこいい。しかも口が開閉するのが素晴らしい。

仮面ライダーW コンセレ CSMアクセルドライバー THE HENSHIN レポート

こちらは仮面ライダーアクセルのベルト、CSMアクセルドライバーです。ハンドルの部分が実際のバイクのものと同じような材質で、細かいメッキパーツも非常に映えますね。個人的にはこっちも再販、またはリニューアルしてほしいアイテムですね。

仮面ライダーW コンセレ CSMロストドライバー THE HENSHIN レポート

そしてCSMロストドライバーとエターナルメモリ。こちらはVer.1.5になるのかな?

仮面ライダーカブト コンセレ CSM カブトゼクター ハイパーゼクター ガタックゼクター ダークカブトゼクター ホッパーゼクター THE HENSHIN レポート

続いては『仮面ライダーカブト』のCSMシリーズ。

仮面ライダーカブト コンセレ CSMカブトゼクター THE HENSHIN レポート

CSMとは初期アイテムであるカブトゼクター。もともと人気の高いベルトなので、早い段階で発売されるのは納得のアイテムですね。

仮面ライダーカブト コンセレ CSMハイパーゼクター THE HENSHIN レポート

こちらは強化形態のハイパーフォームに変身するために使用するCSMハイパーゼクター。こっちまで網羅するのは流石です。しかもガタックゼクターとの連動もあるのだから嬉しい。

仮面ライダーカブト コンセレ CSMガタックゼクター THE HENSHIN レポート

こちらはガタックゼクター。カブトゼクター同様にディティールアップし、ギミックはDXから健在させながら、質感や大きさなどが大きく変更されています。

仮面ライダーカブト コンセレ CSMダークカブトゼクター THE HENSHIN レポート

こちらはイベント限定で発売されたCSMダークカブトゼクター。見た目は基本的にカブトゼクターのリデコではありますが、音声はしっかりと別のものが用意されているとのこと。

仮面ライダーカブト コンセレ CSMホッパーゼクター THE HENSHIN レポート

仮面ライダーカブト コンセレ CSMホッパーゼクター THE HENSHIN レポート

そして最後が地獄兄弟が使用するCSMホッパーゼクター。裏表でキックホッパーとパンチホッパーの2人のライダーに変身することができます。音声には地獄兄弟のセリフも入っているというファンには垂涎もののアイテム。

仮面ライダーファイズ コンセレ CSM THE HENSHIN レポート

次はスマートブレインの新製品紹介のような展示の『仮面ライダーファイズ』。

仮面ライダーファイズ コンセレ CSMファイズギア THE HENSHIN レポート

個人的に購入もしたCSMファイズドライバー。赤外線通信によってファイズショットやファイズポインターと連動して音声やライトが発光するのはスゴイギミックでしたね。またファイズフォンには多数の乾巧の音声が収録されています。

仮面ライダーファイズ コンセレ CSMアクセルギア THE HENSHIN レポート

手前にはCSMアクセルギア。しっかりファイズドライバーと連動し、本体には劇中での音声のほかに、劇中歌も収録されています。

仮面ライダーファイズ コンセレ CSMカイザギア THE HENSHIN レポート

こちらはCSMカイザギア。ファイズギア同様に多数のギミックが搭載されているアイテムですね。そしてボリューム的にも歴代CSMでトップに匹敵するほどの内容となっています。

仮面ライダーファイズ コンセレ CSMカイザギア カイザブレイガン THE HENSHIN レポート

こちらは巨大なカイザブレイガン。この武器のクオリティーもすさまじいですね。ただお値段はそれなりにしますね笑

仮面ライダーファイズ コンセレ CSMデルタギア THE HENSHIN レポート

音声認識機能を搭載したCSMデルタギア。まさに時代の最先端をいくようなギミックはスゴイですよね。

仮面ライダーファイズ コンセレ CSMサイガドライバー オーガドライバー THE HENSHIN レポート

そして今回初展示となった劇場版『仮面ライダー555 パラダイスロスト』に登場した2つのベルトがCSMで登場です。

仮面ライダーファイズ コンセレ CSMサイガドライバー THE HENSHIN レポート

こちらはサイガドライバー。仮面ライダーサイガに変身するためのアイテムですね。

仮面ライダーファイズ コンセレ CSMサイガドライバー THE HENSHIN レポート

ディティールは申し分なし。ギミックにはどのようなものが搭載されるのかな?

仮面ライダーファイズ コンセレ CSMオーガドライバー THE HENSHIN レポート

こちらは帝王のベルトとも称されるオーガドライバー。

仮面ライダーファイズ コンセレ CSMオーガドライバー THE HENSHIN レポート

ベルト部分もしっかり劇中再現していますね。こちらもギミックが気になるところ。

仮面ライダー電王 コンセレ CSM THE HENSHIN レポート

こちらは『仮面ライダー電王』のアイテムたち。

仮面ライダー電王 コンセレ CSMデンオウベルト ケータロス THE HENSHIN レポート

CSMデンオウベルトとケータロス。こちらのクオリティーは言わずもがなですね。DX版から大きさも変わり、音声ギミックやライトアップギミックも非常に素晴らしいものとなっています。またケータロスによりクライマックスフォームへの変身も再現することが可能。

仮面ライダー電王 コンセレ CSM Gデンオウベルト THE HENSHIN レポート

同じくCSMデンオウベルトに付属していたアタッチメントパーツで、仮面ライダーG電王に変身できるGデンオウベルトも再現することができます。

仮面ライダー電王 コンセレ CSM Gデンオウベルト ライダーパス THE HENSHIN レポート

人口イマジン・イブの頭部が浮き出たライダーパスも初の立体化でしたね。

仮面ライダー電王 コンセレ CSMデンオウベルト ウイングフォーム THE HENSHIN レポート

そして初展示となるのCSMデンオウベルト ウイングフォームVer.。劇場版に登場した特別仕様のベルトがCSMでも登場ですね。

仮面ライダー電王 コンセレ CSMデンオウベルト ガオウ THE HENSHIN レポート

しかもライダーパスのほかに、当時のDXのように仮面ライダーガオウに変身するためのアタッチメントパーツもついてくるようで、プレイバリューも高めなアイテムとなっています。

仮面ライダーディケイド コンセレ CSM THE HENSHIN レポート

続いては『仮面ライダーディケイド』のCSM展示。異次元の通じるカーテンをイメージしたような波打つシルバーが非常に艶やか。

仮面ライダーディケイド コンセレ CSMディケイドライバー THE HENSHIN レポート

中央にはCSMディケイドライバー。クオリティーは十分なものの、音声に関しては賛否両論ありましたね。ただ個人的には発売当時放送していた『仮面ライダードライブ』までのカメンライド音声が収録されていたのは驚きでした。

仮面ライダーディケイド コンセレ CSMディエンドライバー THE HENSHIN レポート

仮面ライダーディエンドに変身するためのCSMディエンドライバー。こちらは非常によくできたアイテムですね。

仮面ライダーディケイド コンセレ CSMディエンドライバー THE HENSHIN レポート

バックルのキラキラしたディエンドマークが綺麗。

仮面ライダーディケイド コンセレ CSMディケイドライバー カメンライドカード THE HENSHIN レポート

仮面ライダーディケイド コンセレ CSMディケイドライバー ファイナルアタックライドカード THE HENSHIN レポート

展示の左右にはディケイドが使用する平成ライダー1期のカメンライドカードとファイナルアタックライドカードが並んでいました。

仮面ライダーオーズ コンセレ CSM THE HENSHIN レポート

続いては会場内でも大盛況だった『仮面ライダーオーズ』の展示。

仮面ライダーオーズ コンセレ CSMオーズドライバー THE HENSHIN レポート

豊富なギミックとメダルコンボの変身が搭載されたCSMオーズドライバー。しかも本編未登場のメダルによる変身音が再現されているのはすごかったですね。オーズの人気もうかがえたアイテムでした。

仮面ライダーオーズ コンセレ CSMオーズドライバー ポセイドン THE HENSHIN レポート

オーズドライバーに付属するパーツで再現できる仮面ライダーポセイドンのベルト。メダルもシャチ・クジラ・オオカミウオが付属していましたね。

仮面ライダーオーズ コンセレ CSM仮面ライダーアクア THE HENSHIN レポート

そして初展示となる仮面ライダーアクアの変身ベルト!初の立体化となりますが、どのようなギミックがあるのでしょうか?

仮面ライダーオーズ コンセレ CSM仮面ライダーアクア THE HENSHIN レポート

『仮面ライダージオウ』でもまさかの再登場を果たして話題を呼んだライダーのベルトだけあって、話題をよんでいましたね。

仮面ライダーオーズ コンセレ CSM THE HENSHIN レポート

ちなみに背景に使用されている各メダルの系譜図のようなものもなかなかオシャレ。

仮面ライダーアマゾンズ コンセレ CSM THE HENSHIN レポート

次は『仮面ライダーアマゾンズ』の展示。

仮面ライダーアマゾンズ コンセレ CSMアマゾンズドライバー アマゾンオメガ THE HENSHIN レポート

CSM化としては異例の速さとなった、CSMアマゾンズドライバー。こちらは仮面ライダーアマゾンオメガが変身する際の形態。

仮面ライダーアマゾンズ コンセレ CSMアマゾンズドライバー アマゾンアルファ THE HENSHIN レポート

こちらは仮面ライダーアマゾンアルファに変身する形態。なんと汚れ塗装が施されていますね。

仮面ライダーアマゾンズ コンセレ CSMアマゾンズドライバー アマゾンシグマ THE HENSHIN レポート

そして中央には仮面ライダーアマゾンシグマに変身する形態も。真っ黒なデザインが印象的。

仮面ライダーアマゾンズ コンセレ CSMアマゾンズドライバー アマゾンレジスター THE HENSHIN レポート

もちろんアマゾンズレジスターも。

仮面ライダーブレイド コンセレ CSM THE HENSHIN レポート

こちらは『仮面ライダー剣』の展示。ブレイバックルやブレイラウザーは年内に発送されたばかりのアイテムですね。

仮面ライダーブレイド コンセレ CSMギャレンバックル THE HENSHIN レポート

そしてブレイバックルの隣にはなんとギャレンバックルも!

仮面ライダーブレイド コンセレ CSMギャレンバックル THE HENSHIN レポート

基本的な見た目はブレイバックルと共通していますが、前面のマークや全体的なカラーリングは大きく変更されています。音声も聞いてみたい!

仮面ライダーブレイド コンセレ CSMギャレンラウザー THE HENSHIN レポート

そしてギャレンラウザーもCSMに!DX版からはかなり大型化された新規造形となっています!先端にはジャックフォームの際に取り付ける剣もあり!

仮面ライダーブレイド コンセレ CSMギャレンラウザー THE HENSHIN レポート

もちろんカードをしまうこともでき、ラウズする機能もあるようなので、かなり期待ですね・・・!

仮面ライダーブレイド コンセレ CSMギャレンバックル ホルダー ラウズアブゾーバー 投射機 THE HENSHIN レポート

その横にはギャレンラウザーのホルダーに加えた、ギャレンのラウズアブゾーバー、そして変身時に現れるエレメントを映し出す投射機も!ブレイド同様にかなり豪華なセット内容ですね!

仮面ライダー龍騎 コンセレ CSM THE HENSHIN レポート

次は鏡をおおく使用して劇中のミラーワールドをイメージした『仮面ライダー龍騎』の展示。

仮面ライダー龍騎 コンセレ CSM Vバックル THE HENSHIN レポート

中央にはCSMVバックル。シンプルながらも劇中プロップに非常に近い造形を再現しています。

仮面ライダー龍騎 コンセレ CSM ドラグバイザー THE HENSHIN レポート

横にはドラグバイザー。しっかりカードの読み取りギミックを搭載しています。

仮面ライダー龍騎 コンセレ CSM カードデッキ THE HENSHIN レポート

背面には13ライダーとブランク、龍騎サバイブ、ナイトサバイブ、アビスのカードデッキも並べられています。

仮面ライダー龍騎 コンセレ CSM オルタナティブ THE HENSHIN レポート

そして隣にはオルタナティブの変身ベルトも初の立体化!

仮面ライダー龍騎 コンセレ CSM オルタナティブ THE HENSHIN レポート

基本はシンプルな見た目とギミックですが、CSM化する場合はどのような内容になるのか気になりますね。

仮面ライダークウガ コンセレ CSMアークル THE HENSHIN レポート

そして最後は平成ライダー1号の『仮面ライダークウガ』のCSMアークル

仮面ライダークウガ コンセレ CSMアークル THE HENSHIN レポート

完全新規造形で様々な音声ギミックが搭載された良アイテムでしたね。2話での初のマイティフォームへの変身の再現も最高でした。

仮面ライダークウガ コンセレ CSMアークル THE HENSHIN レポート

そしてこちらはパーツ差し替えによって再現できるクウガ アルティメットフォームのベルト。

仮面ライダークウガ コンセレ CSMアークル THE HENSHIN レポート

最終決戦の雪山をイメージした展示が最高です。
ちなみにCSMアークルには付属品として、一条さんの携帯電話も付属しています。実際にセリフも複数収録していますので、そちらも遊び甲斐あり。

変身ベルトはどうやってできるの?「DXジクウドライバーができるまで」

DXジクウドライバーができるまで THE HENSHIN レポート

次はCSMではないですが、一風変わった展示として、「DXジクウドライバーができるまで」という興味深い展示も行われていました。

DXジクウドライバーができるまで THE HENSHIN レポート

平成ライダー最後の変身ベルトでもあるのでいろいろとその想いがつづられています。

DXジクウドライバーができるまで THE HENSHIN レポート

ジクウドライバーができるまでにデザイン案が15個あってとのこと。様々な試行錯誤の様子がうかがえます。

DXジクウドライバーができるまで THE HENSHIN レポート

仮面ライダージオウのデザインの決定稿。なかなか貴重な資料ですね。

DXジクウドライバーができるまで THE HENSHIN レポート

そしてジクウドライバーのデザイン図。かなり興味深い。

DXジクウドライバーができるまで THE HENSHIN レポート

実際のDXジクウドライバーのパーツ一覧。

DXジクウドライバーができるまで THE HENSHIN レポート

そしてその設計図。非常に綿密に組み上げているのがわかります。

DXジクウドライバーができるまで THE HENSHIN レポート

こちらはジクウドライバーの音声はLEDギミックの肝である基盤。

DXジクウドライバーができるまで THE HENSHIN レポート

表示液晶の部分の解説も。

DXジクウドライバーができるまで THE HENSHIN レポート

こちらはジクウドライバーと合わせて使用するライドウォッチですね。

DXジクウドライバーができるまで THE HENSHIN レポート

ジクウドライバーのために生産された金型の数。正直多いのか少ないのかわからないのですが、様々な肯定が踏まれているのは確か。

DXジクウドライバーができるまで THE HENSHIN レポート

こちらはジクウドライバーとジオウライドウォッチの分解展示。こういった展示は面白いですね。

DXジクウドライバーができるまで THE HENSHIN レポート

そして実際に店頭に並ぶ際のパッケージのデザイン案です。

DXジクウドライバーができるまで THE HENSHIN レポート

なかなかこういったものを見ることはできないので、非常に面白い。

DXジクウドライバーができるまで THE HENSHIN レポート

キャッチコピーや「DXジクウドライバー」のフォントも様々な試行錯誤があることを感じますね。

DXジクウドライバーができるまで THE HENSHIN レポート

パッケージのデザインを考えるだけでも骨が折れそうです。

DXジクウドライバーができるまで THE HENSHIN レポート

そして今まで発売してきたライドウィッチがズラリとならんだ展示も。僕はここまで集めてはいませんが、コンプしている人はいるのかな?

そして最後は未来の変身ベルトということで、3つの特別なベルトが展示されていました。正直ここは人が多すぎて撮影はできませんでしたので、公式の情報をご覧いただければと思います。

1つ目は極薄液晶が搭載されたベルト。そこには変身エフェクトが映し出されるというギミックがありましたね。最近では極薄液晶が話題になっていますが、まさか変身ベルトにも搭載するとは驚き。

2つ目は実際に中央のお兄さんが実演していた、人の動きを感知して音声や映像を投影する変身ベルト。実現では仮面ライダーゼロワンの変身を再現していました。

最後は一番注目されていた蒸気を3方向から排出する変身ベルト。一体どのような仕組みなっているのかはわかりませんが、ビジュアル的なインパクトはすごかったですね。ただ結構大きいので腰に巻くにはかなり重そう。

ということで以上、THE HENSHINのレポートでした。
初のCSM、変身ベルトのみに焦点を当てたイベントということでかなりの大盛況を見せていました。歴代のCSMのアイテムの展示で今までどのようなベルトが発売してきたかを振り返ることができ、個人的には興味深くみることができましたね。また最新アイテムのキバットベルトとタツロットの実物もみることができたので満足。
またDXジクウドライバーができるまでの展示も面白かったです。裏側でどんな試行錯誤が繰り広げられたのかを見ることができるので、ファンとしてはとても楽しく見ることができました。
初のイベントだけあって非常に多くの人が詰め寄り、正直展示は見づらいという難点はありました。今後また開催される場合は導線や展示スペースをうまくやりくりしてもうすこし足を運びやすいものになればと思いますね。

さて、僕は会場で受け取ったCSMダブルドライバー Ver.1.5で遊ぶとしますかね!

ゆとぴ

関連記事を読む

  1. アバター より:

    こんばんわ、お久しぶりです。今年も終わり近くなってきましたね、ライダー系のイベントって考えてみると行ったことないかもしれないです。人ごった返しでお疲れ様でしたー。

    なりきりの枠を超えた高価な玩具とはいえ、ベルトのみの展示イベントとはなんか新鮮。タイトル通りライダーのファンの皆様たちの変身願望を反映しているのですねえ。僕はなんかそーゆー願望て放送時のクウガ~カブト見てた時分においてもなんか希薄にも淡泊でした。もっぱらライダー当人の玩具ばかし欲しがってまして、でも金ないので大抵200円ガチャ止まり(笑)。

    増税したのでコレクションライフもますます苦しいですよね。今年買った玩具ベストはやはり最後ノ審判セットですよ。あとfigma再デビューでARMS NOTEシリーズ買ってます(笑)。
    とはいえ一番感慨深い買い物は『ひらがな日本美術史』全巻買い揃えられたことですねえ。

コメントをする