『ザ・バットマン』、撮影現場であのヒーローが目撃? ー シェアード・ユニバース化か?

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

※この記事には『ザ・バットマン』のネタバレが含まれている可能性があります。

現在撮影が続けられている『ザ・バットマン』。すでに数多くの撮影現場が目撃されており、ロバート・パティンソンのブルース・ウェインや、コリン・ファレルのペンギン、ゾーイ・クラヴィッツのキャットウーマンが目撃されている。

そんな中でまさかの別ヒーローの姿が目撃された。

スーパーマンのコスプレ?

先日目撃された『ザ・バットマン』の撮影現場では衝撃的なキャラクターの後ろ姿が目撃された。

写真には『ザ・バットマン』の撮影現場でスーパーマンの格好をした人物が確認することができる。
後ろ姿ではあるがマントにはスーパーマンのマークがついているため、明らかにそのスーパーマンである。

この衣装を見るに1978年公開の『スーパーマン』の衣装にも共通点があるように感じる。

ただこれはスーパーマン本人というわけではない。どうやらコスプレ衣装とのことだ。
劇中でハロウィンが開催され、そのパーティに参加した人物がスーパーマンの格好をしているらしい。

ヘンリー・カヴィルなどが演じるスーパーマンではないのは残念ではあるが、逆に完全に独立した世界観だったはずの『ザ・バットマン』にはスーパーマンの概念が存在することを証明しているのだ。

そうなればいつしか新たなスーパーマンとバットマンが交わる作品が見れるのかもしれない。事実だとしたら今後の『ザ・バットマン』の展開が大きく拡大していくことは明らかだろう。

すでにHBO Maxではスピンオフドラマのゴッサム市警に焦点を当てた作品を製作する予定となっている。ワーナーブラザースとしても『ザ・バットマン』シリーズに注力しているのは確かだ。

果たしてロバート・パティンソンのバットマンとスーパーマンが交わることはあり得るのだろうか?非常に気になるこの情報にはぜひとも注目しておこう。
『ザ・バットマン』は2021年2022年3月4日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする