スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー【紹介編】

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

 

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。 プロフィールはこちら

ツイッター:@frc_watashi_ame アメコミ垢@frc_watashi 特撮垢

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

スーパーミニプラ 無敵将軍のレビューです。まずは紹介編から。

アクション編はこちら↓

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー

価格 各1,100円(税抜)
発売日 2018年9月24日
メーカー バンダイ
作品 『忍者戦隊カクレンジャー』

パッケージ

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー パッケージ

まずはボックスがセットになったグレーのパッケージから。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー パッケージ

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー パッケージ

  • スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー パッケージ
  • スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー パッケージ

こちらもオリジナルデザインになっていますので、開けるのがもったいない。ただ開けないと作れないので、容赦なく開封。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー パッケージ

中身は何とDX版のパッケージデザインを踏襲したものに!これは嬉しいですね。スーパーミニプラの隠大将軍ツバサマルもDX版のパッケージデザインになっていたので、こういった遊びは嬉しいポイント。

  • スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー パッケージ
  • スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー パッケージ

サイドには取っ手のデザインを残したものもありますね。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー パッケージ

裏もDX版と同じく真っ白。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー パッケージ

スーパーミニプラ 無敵将軍のレビュー!

それではさっそく中身を組み立てて、スーパーミニプラの無敵将軍をレビューしていきます!まずは5体の獣将から。

獣将レッドサルダーのレビュー!

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー レッドサルダー 全身

まずはニンジャレッドの獣将であるレッドサルダーから。

  • スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー レッドサルダー 全身
  • スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー レッドサルダー 全身

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー レッドサルダー 全身

ぐるっと一周。一体だけほかの獣将とは被らないデザインとなっています。DX版をそのまま小さくしたような再現度はさすがですね。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー レッドサルダー 全身

  • スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー レッドサルダー 全身
  • スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー レッドサルダー 全身

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー レッドサルダー 全身

バストアップ。目のシールがずれてしまって申し訳ないですが、一応シールを貼らなくても目は塗装されています。小さいですがかなり細かい造形です。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー レッドサルダー 全身

ニンジャレッドが融合する胸の丸はシール。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー レッドサルダー 全身

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー レッドサルダー 全身

背中にはDXと同じく無敵将軍のメットを収納することができます。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー レッドサルダー 全身

この城の屋根のような意匠がめっちゃ好きです。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー レッドサルダー 全身

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー レッドサルダー 全身

各所のシルバーのラインはシール。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー レッドサルダー 全身

足元の再現度もかなり高いですね。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー レッドサルダー 全身

DX版のレッドサルダーと比較。脚を開いて立てる分、ミニプラの方がスタイリッシュですね。

付属品一覧

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー レッドサルダー 付属品一覧

付属品には専用武器のサルダースライサーが付属。

可動範囲

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー レッドサルダー 可動範囲

肩の可動は広く確保されており、首も回転可能。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー レッドサルダー 可動範囲

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー レッドサルダー 可動範囲

脚の開脚も広く、特に左右はめちゃくちゃ開きます。

獣将ホワイトカークのレビュー!

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ホワイトカーク 全身

続いてはニンジャホワイトの獣将であるホワイトカークです。

  • スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ホワイトカーク 全身
  • スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ホワイトカーク 全身

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ホワイトカーク 全身

ぐるっと一周。ホワイトカークもDXのイメージを受け継ぎながらも、スタイルを崩すことなく再現されています。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ホワイトカーク 全身

  • スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ホワイトカーク 全身
  • スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ホワイトカーク 全身

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ホワイトカーク 全身

バストアップ。がっつりバリ残っててすみません・・・。
ホワイトカークの頭部はシールなしで塗装で色分けされています。小さいのにこの再現度はスゴイ。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ホワイトカーク 全身

胸のマークはシール。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ホワイトカーク 全身

白の屋根の意匠も再現。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ホワイトカーク 全身

無敵将軍になると左腕に変形するので、右肩にはシャチホコマークがあります。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ホワイトカーク 全身

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ホワイトカーク 全身

DX版のホワイトカークと比較。こちらも立ち姿がかっこよくきまるミニプラの方がいい感じ。

付属品一覧

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ホワイトカーク 付属品

ホワイトカークには専用武器のカークビークが2個ついてきます。

可動範囲

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ホワイトカーク 可動範囲

肩は水平にはあがりませんが、それでもそこまで問題ない範囲でうごきますね。首も回転します。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ホワイトカーク 可動範囲

腰も回転可能。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ホワイトカーク 可動範囲

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ホワイトカーク 可動範囲

左右の開脚は狭く、接地性もいまいちですが、ポージングするうえでは問題ないかと。

獣将ブルーロウガンのレビュー!

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ブルーロウガン 全身

続いてはニンジャブルーの獣将であるブルーロウガンのレビューです。まずは全身。

  • スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ブルーロウガン 全身
  • スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ブルーロウガン 全身

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ブルーロウガン 全身

ぐるっと一周。基本はホワイトカークと同じスタイルとなっています。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ブルーロウガン 全身

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ブルーロウガン 全身

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ブルーロウガン 全身

バストアップ。狼の顔をしっかりと再現しています。目はシールですが、塗装もされていました。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ブルーロウガン 全身

胸とベルトのマークはシール再現。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ブルーロウガン 全身

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ブルーロウガン 全身

ホワイトカーク同様にブルーロウガンも無敵将軍の右腕になるため、左肩にはシャチホコのマークがあります。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ブルーロウガン 全身

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ブルーロウガン 全身

DX版ブルーロウガンと比較。こちらも立ち姿が決まるので、ミニプラの方がぐっと良く見えます。

付属品一覧

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ブルーロウガン 付属品

ブルーロウガンには専用武器のロウガンシャフトが付いていきます。

可動範囲

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ブルーロウガン 可動範囲

首と肩可動は最低限動きますが、ポージングするうえでは問題ないですね。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ブルーロウガン 可動範囲

腰も回転します。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ブルーロウガン 可動範囲

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ブルーロウガン 可動範囲

開脚に関しても結構開きました。

獣将イエロークマードのレビュー!

続いてはニンジャイエローの獣将であるイエロークマードのレビューです。まずは全身。

ぐるっと一周。ブラックガンマーとともに無敵将軍の脚担当なので、三角形スタイルとなっています。
こちらもDX版に非常に近いスタイルですね。

バストアップ。目はシールですが、黒い鼻やなどは塗装で再現しています。

胸やベルトのマークはシール再現。

腕の側面の模様もシールで再現されています。

石垣のような脚のデザインもりあるに造形されています。

DX版のイエロークマードと比較。足が開くのは大きいですねぇ。

付属品一覧

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー イエロークマード 付属品

イエロークマードには専用武器のクマードクローが付属。手首と一体化しているため、持たせる際は右手首と交換します。

可動範囲

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー イエロークマード 可動範囲

肩の可動は水平へ上がります。首もしっかりと回転しますね。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー イエロークマード 可動範囲

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー イエロークマード 可動範囲

開脚も可能ですが、大きく開くわけではないですね。ただそこまで問題にはならないレベルです。
ちなみに腰可動は無し。

獣将ブラックガンマーのレビュー!

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ブラックガンマー 全身

最後はニンジャブラックの獣将であるブラックガンマーです。まずは全身。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ブラックガンマー 全身

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ブラックガンマー 全身

基本はイエロークマ―ドと同じ素体となっていますね。黒が多めなデザインに。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ブラックガンマー 全身

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ブラックガンマー 全身

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ブラックガンマー 全身

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ブラックガンマー 全身

バストアップ。ブラックガンマーにはシールがありますが、目は塗装されています。ただ左右の上下がずれていますね・・・。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ブラックガンマー 全身

胸のマークとベルトはシール再現。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ブラックガンマー 全身

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ブラックガンマー 全身

腕にはシール。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ブラックガンマー 全身

イエロークマ―ドと同じく石垣の造形がいい感じ。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ブラックガンマー 全身

DX版ブラックガンマーと比較です。

付属品一覧

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ブラックガンマー 付属品

こちらは専用武器のガンマーボウです。持ち手も付属しています。

可動範囲

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ブラックガンマー 可動範囲

肩は水平に可動し、首も回転可能。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ブラックガンマー 可動範囲

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー ブラックガンマー 可動範囲

開脚もしっかりこなせます。

無敵将軍への合体ギミック!

ここからは5体の獣将の無敵将軍への合体ギミックです。

    スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー 合体

    スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー 合体

    まずはレッドサルダーの背中を開き、無敵将軍のメットを取り出します。その後に腕の軸を写真のように下げます。

    スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー 合体

    スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー 合体

    腕を写真のように収納したら、前掛け部分を起こして、無敵将軍の胸の「忍」マークを出現させます。

    スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー 合体

    スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー 合体

    次に脚を回転させて、無敵将軍の腰に変形させます。注意としては、赤いカバーパーツを回転させるのは非常に硬いので、破損注意です。

    スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー 合体

    スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー 合体

    無敵将軍の胴体部分が完成したら次は腕の変形です。ホワイトカークとブルーロウガンの肩を挙げて顔を隠します。

    スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー 合体

    スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー 合体

    2体のロボの脚をそろえます。そろえた脚のカバーを挙げると無敵将軍の手が出現して、これで変形完了です。

    スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー 合体

    スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー 合体

    続いては脚の変形。画像ではイエロークマ―ドを使います。まずは脚をそろえて、背中を開きます。

    スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー 合体

    スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー 合体

    背中を開いたらレッドサルダーのように腕の可動軸を下げて、画像のように腕を収納します。

    スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー 合体

    スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー 合体

    合体の際はイエロークマ―ドとブラックガンマーの頭部は使わないので外します。
    その後胴体を画像のように下げます。

    スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー 合体

    脚と胴体をくっつければ無敵将軍の脚が完成します。ブラックガンマーも同様のやり方で変形させます。

    スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー 合体

    スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー 合体

    変形させたレッドサルダーに無敵将軍の腕と脚を取り付けます。

    スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー 合体

最後に無敵将軍のメットをかぶせれば、、、

無敵将軍のレビュー!

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー 全身

これで無敵将軍の完成です!まずはぐるっと一周。

  • スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー 全身
  • スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー 全身

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー 全身

DX版よりも腕がマッシブになったようなスタイルになっていますね。ただそこまでスタイルを崩すことなく、イメージ通りに再現しています。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー 全身

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー 全身

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー 全身

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー 全身

バストアップ。非常にイケメン!ブルーの頭部は塗装で、頬のイエローとブラックはシールで再現されています。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー 全身

胸には「忍」マーク。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー 全身

腕は非常に大きい。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー 全身

手は開閉可能です。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー 全身

腰の屋根部分は分割可能。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー 全身

脚は接地性は微妙ですね。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー 全身

DX版の無敵将軍と比較。立ち姿はミニプラの方がいい感じ。小顔化もされていますね。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー 全身

専用武器の火炎将軍剣。メッキ処理がされており、こちらもDX版のものを踏襲していますね。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー 全身

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー 全身

造形もしっかり再現しています。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー 全身

また獣将たちの武器もDX版にあったオリジナル合体が可能。専用アタッチメントをサルダースライサーに取り付けます。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー 全身

カークビークを両端に取り付けます。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー 全身

ガンマーボウを先端に取り付けます。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー 全身

クマ―ドクローとロウガンシャフトを上下で接続します。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー 全身

これで玩具オリジナル武器が完成です。

可動範囲

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー 可動範囲

肩可動と首回転は広め。肩には引き出し可動が用意されています。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー 可動範囲

腰回転もしっかりありますね。

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー 可動範囲

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー 可動範囲

接地性は微妙ですが、開脚は可能。

スーパー無敵大将軍のレビュー!

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー スーパー無敵将軍 全身

そして別売りのツバサマルと合体して、スーパー無敵将軍を再現できます!

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー スーパー無敵将軍 全身

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー スーパー無敵将軍 全身

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー スーパー無敵将軍 全身

スーパーミニプラ 無敵将軍 レビュー スーパー無敵将軍 全身

腕の間に挟む形の合体ですね。

以上、スーパーミニプラ 無敵将軍のレビュー、紹介編でした。
次はアクション編です。

アクション編↓

シェアしてみんなに教えてあげよう!


 comment
  1. 通りすがり より:

    通りすがりに失礼します。

    無敵将軍の足の接地ですが、下に引き出すとボールジョイントが出てきて足首がすねから分離し接地可能になるはずですよ。

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!