『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』ネタバレ感想レビュー ー これぞマルチバースなお祭り映画!最後のシーンも解説!

この記事を書いた人

さくし

さくし

YouTubeフィギュアレビューなどを上げています/ラジオ ゆとぴのヒーロー界隈談義 サブMC/映画、特撮、デジモン、ヒロアカが好き

Twitter:@sekisakudigimon

Youtube:HuruSaku Channel

いつもご覧いただきありがとうございます。さくし(@sekisakudigimon)です。

※この記事には『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』や関連作品のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

MCU話題の新作スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホームがついに公開!
今作はMCUスパイダーマンの3作目にして、MCU以前のトビー・マグワイヤ主演の「スパイダーマン」シリーズや、アンドリュー・ガーフィールド演じる「アメイジング・スパイダーマン」シリーズのヴィランたちの登場が大きく話題となっていた。

MCU世界の本格マルチバース展開にも繋がるであろう『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』はどんなストーリーで、どんな小ネタが仕込まれていたのか?
今回はざっと『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』に関しての感想レビューをしていきます!

※この記事には『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』や関連作品のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』あらすじ

物語は『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の直後から始まる。

ミステリオ(ジェイク・ギレンホール)によるスパイダーマンの正体を暴露するフェイク動画がデイリービューグルのJ.J.ジェイムソン(J・K・シモンズ)によって報じられ、スパイダーマン=ピーター・パーカー(トム・ホランド)という事実、そしてミステリオを殺害したというフェイクニュースが知れ渡ってしまう。

恋人のMJ(ゼンデイヤ)とピーターは即座に囲まれ、慌ててその場から逃げ出す。
ヘリや民衆に追われながらピーターはメイ(マリサ・トメイ)の待つ家に辿り着くが、そこではハッピー(ジョン・ファヴロー)とメイが別れ話をしている最中だった。
ハッピーとピーターに事情を説明しているうちに、家の周りには民衆が集まり、ミステリオ殺害の容疑で連邦保安局の取調べを受ける羽目に。

ピーター、MJ、メイ、そして友人のネッドまで取調べを受けることになり、弁護士が来るまで何も話すなとピーターに伝えるMJとメイ。
スパイダーマンの過去や自身のチェアマン経験をペラペラと喋ってしまう友人のネッド(ジェイコブ・バタロン)
そんな彼らを助けた弁護士は、まさかのデアデビルことマット・マードック(チャーリー・コックス)
流石の凄腕弁護士と言ったところ、たちまち不起訴処分まで持っていき彼らは釈放される。

しかしミステリオがイーディスを使い操っていたドローンは、スターク・インダストリーズ製であることからスターク社にもメスが入り、ピーターがドローンを操っていた事に関しては弁護が難しいかもしれないと話すマードック。すると突然、窓の外からミステリオ信者がレンガを投てき。ピーターがキャッチするのかと思いきや、盲目のはずのマードックがすかさずキャッチし事なきを得る。
自宅は危険ということでピーターとメイはハッピーの隠れ家に避難することに。

翌日、多くの野次馬、スパイダーマン信者、ミステリオ信者が集まる中、ピーター、MJ、ネッドは登校する。
多くのスマホカメラを向けられ居心地が悪そうにする一行だったが、「スパイダーマンは友人」と豪語するフラッシュ・トンプソン(トニー・レヴォロリ)もなぜか彼らと一緒に登校していた。

教師からの歓迎(?)を受け授業に向かうも学校内でも常にカメラを向けられるピーター。
落ち着く場所を求め、MJと共に屋上に逃げ込みネッドも合流する。
混乱の最中でも彼らは高校の最終学年、進路に希望を見出し3人揃ってMITに入学するんだと誓い合う。

そして時は流れ、ピーターの隠れ家に送られてくる大学からの合否通知。成績優秀な彼らではあったが、全く合格が出ず最後の一通へ。
彼らはMJがアルバイトをしているドーナツ屋に集まりMITからの手紙をそろって開封する。

しかしそこに書かれていたのは、ピーターがスパイダーマンであることによる混乱を鑑みて、その関係者であるMJやネッドも入学は認められないとのことだった。

自分の正体がバレたことで、家族や恋人、友人たちにも迷惑がかかってしまった事態を重く受け止めたピーターは、何とかしなければとある人物の元へ向かう。
そう、あのドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)に助けを求めにやってきたのだ。

サンクタム内は何故か雪化粧、そこでウォン(ベネディクト・ウォン)とストレンジに出会う。
ピーターはサノスと共に戦った仲であるストレンジに、どうにか時間を戻してくれと懇願するも、タイムストーンを失ったストレンジは出来ないと告げる。
しかしストレンジはあることを思い付く。

時間を戻すことはできないが、「世界中の皆の記憶からピーター=スパイダーマンという事実を消去する」ことは出来ると。
ウォンは危険だと警告するも、実は既にその呪文を試したことがあったストレンジは自信満々、警告していたウォンも「勝手にしろ」とどこかへ旅立ってしまう。

ストレンジに連れられ地下へと向かうピーター。

思いの外準備はサクサクと進み、さて皆の記憶からピーター=スパイダーマンを消そうとストレンジは呪文を唱え始める。

しかしストレンジは大事なことを伝え忘れていた。

「全ての」人が忘れてしまうのだ。

それを嫌がったピーターは、せめてMJだけでも、と懇願、ストレンジは承諾し呪文の書き替えを試みるも次から次へと出てくるピーターの要求に呪文を邪魔されてしまい、呪文が暴走してしまう。
辛うじて抑え込んだストレンジだったが、ピーターが大学の入学担当に頼み込む、と言った初歩的な努力もせずにストレンジの元にやってきたピーターに子供め!と腹を立ててしまった。

ストレンジの一言を受けたピーターはすでにMITに合格していたフラッシュに電話をする。
「フラッシュはスパイダーマンの親友」ということにするのを条件に、知り合いである副学長補佐の入学の担当者の居場所を聞き出す。

空港に向かう担当者を、飛行することができるアイアンスパイダーのスーツで追いかけるピーターだったが、そこでも報道ヘリが待ち構えていた。
どうにか担当者の車へたどり着くも、スパイダーセンスが何か不安な予感を感じ取る。

すると橋の前方が崩れ出し、そこからあのドクター・オクトパス(アルフレッド・モリーナ)が現れる。
ドクター・オクトパスは、核融合装置を停止させたピーターに怒り、周りの人を巻き込みながら襲ってくる。

アイアンスパイダーのアーマーを一部剥ぎ取ったオクトパスだったが、ナノテクであるアーマーがオクトパスのアームと同化。
するとナノテクの力でアームのコントロールはピーターに移ってしまい、オクトパスは戦闘不能、そしてピーターの顔を目撃し自分の知っているピーターではないと驚いた様子を見せるのであった。

すると今度はあのパンプキンボムが橋の上に投下され、空から現れたのはあの、グリーンゴブリンだった。

間一髪のところでストレンジの魔法で地下に強制移動され、オクトパスも特殊な地下牢に閉じ込められてしまう。そこには同じく地下牢に入ったあのリザード(リス・エヴァンス)の姿もあった。

ストレンジによると先ほどの呪文の失敗のせいでピーターを知る別世界の人物が引き寄せられてしまったという。
ストレンジは、光線を当てることで地下牢に転送させることができるガントレットをピーターに渡し、引き寄せられた別世界のヴィランを全て回収しろと命じる。

MJとネッドと協力しネット上から怪しい情報を見つけたピーターたちはその場所へと向かう。
アップグレードスーツはミステリオ信者によってペンキで汚されてしまったので、裏返しにして着用し現場へ向かうと、そこにはあのエレクトロ(ジェイミ・フォックス)が!

電気体の彼にはガントレットの光線も効かず、困っていると地上の砂が形を成しサンドマン(トーマス・ヘイデン・チャーチ)が現れる。
自分の世界に何が何でも帰りたいサンドマンはピーターに協力してエレクトロを撃退する。

しかしエレクトロを転送した様子をみたサンドマンは彼を殺したと勘違いして激昂、ピーターは元の世界に返したいと説得するも失敗し、半ば強引にガントレットを使いサンドマンも地下牢に閉じ込めることになる。

ピーターは彼らと会話をするうち、みなが事故などにより力を得て、そして全員がスパイダーマンと戦い死ぬ直前までの記憶があることがわかった(サンドマンは和解をしていたため生存)。
また橋で遭遇したグリーンゴブリンの正体はノーマン・オズボーン(ウィレム・デフォー)であることをオクトパスから告げられる。

そのノーマンは、グリーンゴブリンの人格から逃れるためヘルメットを壊し、街を彷徨いメイの働くホームレスの支援所へたどり着く。
メイから連絡を受け支援所に到着したピーターは普通の人格のノーマンと会話、メイからは「ちゃんと救わない」と告げられ、ノーマンを連れて地下牢へ向かう。

地下牢に到着した二人だったが、ストレンジは有無を問わずノーマンを地下牢へ入れ、先程の失敗して暴走した魔術を閉じ込めたボックスを取り出し、そそくさとヴィランたちを帰すため呪文を唱え始める。

しかし彼らを帰してしまうと、その世界のスパイダーマンとの戦いで死んでしまうことに違和感を覚えたピーターは、葛藤しながらもストレンジからボックスを奪う。

逃げるピーターの肉体とアストラル体を離しボックスを取り消そうとしたストレンジだったが、何故か意識のないはずの肉体がストレンジを避けボックスを死守。
肉体に戻ったピーターを次はミラーディメンションに閉じ込めるも、ピーターは持ち前の知識とアイディアでストレンジを拘束、ミラーディメンションから逃走することに成功する。
なんとかヴィランたちが苦しむ力を治療することにしたピーターは、MJにボックスを、ネッドにストレンジから強奪したスリングリングを託し別れる。

ヴィランたちに「能力を治して死なないように元の世界に戻す」と説得して地下牢から解放したピーターは、ハッピーの隠れ家にヴィランたちを連れていく。

そこでスタークが遺したテクノロジーを使いながら、ノーマンと協力してオクトパスの制御装置を開発する。壊れてしまった制御装置の代わりにピーターが作った装置をつけると、オクトパスはたちまちアームのコントロールを奪い返すことに成功した。

しかし突然ピーターのスパイダーセンスが何かを感じ取り、その殺気の主を探したところ、なんとノーマンからのものだった。
ノーマンは再びグリーンゴブリンに意識を乗っ取られてしまい、J・ジョナ・ジェイムソンによって居場所が通報、その場が混乱に陥る。

混乱に乗じてエレクトロはスタークのリアクターを強奪、サンドマン、リザード、そしてオクトパスまでもが逃走してしまう。

メイは作りかけのグリーンゴブリンの治療薬を手にして逃げ、スパイダーマンとグリーンゴブリンは一騎打ちに。
とんでもない怪力でスパイダーマンを追い詰めるグリーンゴブリンだったが、間一髪のところでメイが治療薬をグリーンゴブリンに注入する。

しかしなぜか効果はなく、満身創痍のピーターを人質に取られたメイはなんとかグリーンゴブリンに立ち向かおうとする。しかし背後からグライダーの体当たりを食らってしまい倒れてしまう。

グリーンゴブリンはダメ押しにパンプキンボムでその場を爆撃をして逃げ出してしまった。

瓦礫の中からメイ、ピーターが立ち上がるも、メイの体はグライダーや爆撃などで致命傷を受けていた。
ピーターが見守る中、彼に「大いなる力には大いなる責任が伴う」と言い残してメイは息を引き取ってしまう

悲しみに暮れてメイの亡骸に何度も謝るピーターだったが、駆けつけたハッピーに逃げろと告げられ、ダメージコントロールやJ・ジョナ・ジェイムソンたちから逃げていった。

J.J.ジェイムソンは「民間人1人の死亡」と「スパイダーマンが関わるところには必ず災いがある」と報じ、その映像を雨に打たれながら見届けるピーター。

そのニュースをネッドの家で見ていたMJとネッドはピーターからの連絡がないことに彼の身を案じていた。

するとネッドの何気ない動作から、指にはめていたスリングリングが発動。
ドクターストレンジがやっていたように見よう見まねで「ピーターの居場所」を念じながらスリングリングを回すと、そこにはスパイダーマンの姿が。「ピーター!」と声をかけるとスパイダーマンはポータルを跨ぎネッドの家に入ってくる。

しかし少し様子がおかしい。そのスパイダーマンがマスクを取ると、なんと、あのアンドリュー・ガーフィールド演じるスパイダーマンだったのだ!

『アメイジング・スパイダーマン2』のスーツで登場した彼は、天井を這う能力で自分が別世界のピーター・パーカーで、スパイダーマンであることを証明する。彼もまた他のヴィランたちと同様にこの世界に迷い込んでしまったのだ。

この世界のピーターが見つかるまでスリングリングを使ってとMJに伝えられたネッドは再びスリングリングを回すと、私服姿の男性が現れてこちらに向かってくる。

アンドリュー・ガーフィールド演じるスパイダーマンを見るや否や糸を出し応戦した彼は、なんと初代実写映画からトビー・マグワイヤ演じるピーター・パーカーだった。

その後ネッドはスリングリングを使えなくなってしまい、この世界のピーターを呼び戻すことはできなかったが、MJはピーターの居場所に心当たりがあることを告げる。

三人で集まっていた学校の屋上にピーターはいた。

ひどく傷つき座り込んでいたピーターを強く抱きしめたMJとネッドは、彼に別世界からきた二人のピーターを紹介する。トム・ホランド演じるピーターは、メイが死んでしまったこと、グリーンゴブリンへの憎しみを告げる。

別世界のピーターに対してもこの気持ちは誰にも分からないよと突き放すトム・ホランドのピーター。しかしアンドリューピーターは恋人のグウェン・ステイシーを助けられなかったこと、その後もスパイダーマンを続けたが次第に暴力的になって自暴自棄になったことを明かす。

トビーピーターも自分の過ちからベンおじさんを失い、復讐の虚しさをトム・ホランドのピーターに伝えて慰める。

一度はボックスの力を使いストレンジのように皆を強制的に元の世界に返そうとしていたピーターだったが、二人のピーターに諭され、ヴィランたちを再び治すために、力を合わせて生存させたままで元の世界に戻すことを決心する。

三人のピーターはそれぞれのヴィランに合わせた治療薬をそれぞれ作成、デイリービューグルの生放送とボックスを利用してヴィランたちを建築中のキャプテン・アメリカの盾を持つ自由の女神に誘い出した。

次々と現れるヴィランたちに三人のスパイダーマンはそれぞれ立ち向かうもどうも噛み合わない。理由は別世界のピーターたちがチームで戦った経験がないからだ。

唯一アベンジャーズでの戦闘経験があるピーターは、自身を1、トビーのピーターを2、アンドリューのピーターを3と名付け指揮を取り連携してサンドマン、リザードと一人ずつ治療薬を使い能力を治癒していく。

トニーのリアクターでパワーアップしたエレクトロは非常にの強敵で、三人の力を合わせてもなかなか倒せなかったが、間一髪のところで正気を取り戻したオクトパスが助太刀、エレクトロから電気の力を奪い取ることに成功する。

一方、スリングリングを使いボックスを別の場所に匿うはずだったネッドとMJは、スリングリングの使い方が分からずゲートを閉じられなかったことで戦場に追い詰められてしまう。
ヤケクソにスリングリングを使うと、中からストレンジが登場。ボックスを奪い取り再び強制的に皆を元の世界に返そうとする。

すると空からグリーンゴブリンが現れ、ストレンジからボックスを奪う。なんとか取り返すことができたものの、ボックスにはパンプキンボムが仕掛けられており、ボックスごと爆発してしまう。
ストレンジは、ボックスから開放された暴走した魔術を抑えようと試みる。

グリーンゴブリンのグライダーに捕まったピーターは、グライダーを破壊して建築中だった自由の女神の巨大なキャプテン・アメリカの盾に墜落。グリーンゴブリンと一騎打ちになる。

怒りに狂ったピーターは強く、グリーンゴブリンを殴打し、我を忘れてグライダーでグリーンゴブリンにトドメを刺そうとするも、トビーのピーターが間に入りグライダーを受け止める

復讐心に支配されていたピーターは正気に戻ったが、不意をつかれたトビーのピーターはグリーンゴブリンに背中を刺してしまった。
アンドリューのピーターが隙をついてピーターに治療薬を投げ、即座にグリーンゴブリンに注入。
彼はノーマンに戻り、自分の行いを悔いたまま途方に暮れてしまった。

その頃上空ではストレンジが呪文を抑えようと試みるも、開いてしまったマルチバースからピーターを知るものが押し寄せる事態を止める事ができずに苦戦していた。
駆けつけたピーターは、逆に皆の記憶からピーター・パーカーを消してしまえばマルチバースの扉は閉じるのではないかと提案する。

自分の行為から始まってしまった今回の騒動を収める為に、大いなる責任を取るために、ピーターはこの選択を受け入れた

ストレンジも、残された手はそれしかないとピーターの記憶を消す呪文を唱え始める。
ピーターはMJとネッドに事情を説明し、忘れてしまっても必ず会いにいくことを約束して別れを告げる。

呪文が終わる頃、今回の騒動で迷い込んできたスパイダーマンやヴィランたちは元の世界に帰り、ピーター・パーカーの記憶自体がこの世界から消えてしまった。

一連の騒動が片付き、クリスマスシーズンの街を歩くピーター。MJがアルバイトをしているドーナツ屋に自己紹介用のメモと共に入店をする。

MJと対面するピーターだったが、やはり彼のことは覚えていないようだ。そこに現れたネッドも、ピーターに気づく様子はなかった。

ピーターはMJと会話し、自己紹介をしようとするもMITに合格して喜ぶ二人や、戦いのなかで負ったMJの額の傷を見て、これ以上関わらないことを心に決めて、自己紹介をすることなく店を出ていってしまった。
メイが埋葬された墓に行くとピーターはそこに現れたハッピーと会話をするも、彼もまたピーターを忘れてしまっていた。

ひとり、貸アパートに引っ越したピーターは帰る場所を失い、タイトル通りの”ノー・ウェイ・ホーム”の状態に。

しかしピーターは折れることなく、孤独でもたくましく生きることを決め、新たなスーツと共に、親愛なる隣人であり続けようと、ニューヨークの街を救いに飛び出すのであった。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の良かった点:まさにスパイダーマン版アッセンブル!

今までの単独作ではトニー・スタークの影を追いかけるだけだったトム・ホランド版スパイダーマンがMCUの「スパイダーマン」としての魅力でもあった。
そんな今作ではピーター・パーカーというひとりの人間、ヒーローとしての自立を描いた作品となっていた。

▽3作目にして初めて魅せた「スパイダーマン」の物語

先に述べた通り、今までのスパイダーマンは、『ホームカミング』でアベンジャーズの活躍の裏で小さく「親愛なる隣人」を「していろ」とトニーに指示されたことに反抗したり、『ファー・フロム・ホーム』ではトニーの遺産を巡って起こる騒ぎを収束させるという、いわばMCU世界で起こったアベンジャーズによるトラブルのアオリを受けて戦う未成年の子供だった。

しかし『ノー・ウェイ・ホーム』では自分でトラブルを起こし、自分の力、判断で対処していくというストーリー展開だった。失い、成長し、仲間、他のスパイダーマンの力を借りて戦う姿に感動させられた。

▽MCU以前からマーベル映画を観ていた人へのご褒美シーン満載

密かに登場がウワサされていた過去作のスパイダーマンたち。
その二人が満を持して登場し、しかも過去作のヴィランたちも全てオリジナルキャストで登場したことは胸が熱くなる演出だった。

そんな彼らが最新の映像技術で蘇り、スクリーンを飛び回る。MCUが生まれるより前から活躍していたスパイダーマンたちの集結は、マーベルファンにとってこれ以上ない喜びではないだろうか。

筆者も同じように感動し、また劇場も大いに盛り上がっていた。

▽アメイジングな彼のその後が遂に明かされる

奇しくもMCUでのスパイダーマン登場のためにシリーズ打ち切りになってしまった『アメイジング・スパイダーマン』

恋人のグウェン・ステイシーを救うことができずに打ちひしがれていたピーターが再び立ち直り、親愛なる隣人スパイダーマンとして活躍していた『アメイジング・スパイダーマン2』のラスト。

その後の出来事や葛藤がピーターの口から語られたのはファンとしても非常に嬉しい演出だった。打ち切られたはずの映画シリーズのキャラが再び動き出した。海外では既に『アメイジング・スパイダーマン3』を求める声が上がっているとのことで、今後も新たな展開に期待をしたいところだ。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の気になった点:MCUとの繋がりは過去最小

MCUシリーズがフェイズ4に入ってから約1年。今までのインフィニティ・サーガとは規模も物語も大きく変わっていることはファンを飽きさせない素晴らしい演出だ。しかし一方で良いことばかりではない。今作はそういったところにも気になる点があった。

▽過去作ヴィランの扱い

今作の魅力はなんと言ってもヴィラン側もアッセンブルしていることが公開前からも話題だった。

MCUでは味方側のアッセンブルは『アベンジャーズ/エンドゲーム』で観ることができたものの、過去作のヴィランがここまで揃ったことはかつてない演出だっただろう。

しかしヴィランの数が多すぎたことで、各キャラの設定や掘り下げは少々雑に感じる部分もあった。過去作を熱中して見ていた人ほど、「?」となる演出も多かったのではないだろうか。

最近のMCUシリーズは、マルチバース展開によって多くの実写マーベル作品からキャラを引用しつつあるが、その扱いは雑になりがちだったりもする。今作は他のフェイズ4作品に比べるとかなり丁寧に描かれている方ではあるが、それでも少し雑に感じる部分もあった。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』最後のシーンの内容は?

今作もMCUシリーズお馴染みのポストクレジットシーンが存在していた。

ラストから場所は変わってとある酒場。
店員の男に話しかけるのは、あのトム・ハーディ演じるエディ・ブロックとヴェノムだった。

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』のラストで突然MCU世界に飛ばされた二人は、この世界についてのことを店員の男から聞き取りをしていた。アベンジャーズの話やアイアンマン、ハルク、サノス、5年間も人々が消失していたことなど興味深く話を聞いていた。

エディとヴェノムはこの世界のスパイダーマンに会いに行こうと決めたところ、彼らもまたヴィランや別世界のスパイダーマンたちのように元の世界に戻っていってしまった

しかしエディが座っていたカウンターには、ヴェノムの欠片であるシンビオートが残されていた・・・。

ここからどのような展開をしていくかはまだわかっていないが、ソニー・ピクチャーズが展開しているソニーズ・スパイダーマン・ユニバースシリーズとMCUシリーズがクロスオーバーしていくことは間違いないだろう。
エディとヴェノムは元の世界に戻ってしまったが、シンビオートがMCU世界に残っていることはピーター・パーカーがシンビオートに寄生されることを示唆しているのではないかと思われる。

もちろん別の展開も考えられるが、個人的にはぜひとももう一度エディとヴェノムがMCU世界に現れて、ピーターと共演を果たしてほしいところだ。

まとめ:間違いなく”過去最高のスパイダーマン映画”!全マーベルファンにオススメ!

「想像しろ。超えてやる。」公開されたキャッチコピーを見たとき、「とはいえ期待しすぎてもがっかりするだけ」と自分の中で言い聞かせていた。確かに展開にはそれほど捻りがあるわけでもなく、ストーリー的には「想像通り」かもしれない。実際に劇中ではそれをメタ的に表したのだろうか、MJが「期待しなければ失望もしない」というセリフが印象的に使われていた。

しかし断言できる。この映画は「超えてくる」。彼らの登場シーンに感じた感動を、僕は一生忘れない。それくらい心に残るマーベル映画だった。

昔からのマーベル映画ファンも、MCUからのマーベル映画ファンも、すべてのマーベルファンに届けたい、そんな史上最高のスパイダーマン映画をぜひとも劇場で体験してもらいたい!

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全51作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。