S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi )です。

「何だかよく分からないけど、やらなきゃいけないことだけは分かった気がする」

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー

Youtubeでも動画レビューしていますのでぜひご覧ください!
https://youtu.be/h5gHO_P7VsA

価格 5,500円(税込)
発送日 2020年9月17日
メーカー バンダイ・スピリッツ
作品 『仮面ライダー電王』

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法のパッケージ

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー パッケージ

まずはパッケージから見ていきましょう。おなじみの真骨彫製法のデザインに、全面にプラットフォームの写真が写っています。

  • S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー パッケージ
  • S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー パッケージ

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー パッケージ

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー パッケージ

ブリスター状態。いつも通りに2段構え。付属品はかなりシンプルですね。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法の本体

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー 本体

早速取り出して、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法のレビューです。まずは全身から見ていきましょう。

  • S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー 本体
  • S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー 本体

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー 本体

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー 本体

ぐるっと一周。基本的には以前に発売した電王の真骨彫製法の同じ素体を使用しています。肩アーマーが無く、胸のアーマーも薄くなったスタイルのプラットフォームですね。全体的にもシンプルなカラーリングをしっかり再現しています。

ちなみに電王のプラットフォームの可動フィギュアとして、おそらく装着変身のモモタロスとのセット以来ですね。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー 本体

  • S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー 本体
  • S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー 本体

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー 本体

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー 本体

バストアップ。仮面ライダーとは思えぬデザインのマスク。目の部分は複眼ではないですが、マット塗装で結構良い感じ。真ん中にはレールが走っていますね。まさに電王の素体といった感じですね。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー 本体

胸アーマーはソードフォームにも似ていますが、結構薄くなったデザインですね。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー 本体

背中もレール以外はかなりシンプル。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー 本体

腕に関しては他のフォームとも変わらないですね。シルバーっぽいカラーリングも綺麗。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー 本体

肘関節も同じ色なのが良いですね。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー 本体

換装ギミックがあるので、腕を外すことも可能。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー 本体

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー 本体

脚もリアルな人間のような太さを再現。太ももが太めなのも変わらず。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー 本体

太ももにはプラットフォーム専用の黒いパーツが付いています。もちろん外すことも可能。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー 本体

すね部分は他の電王のフォームと同じ。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー 本体

デンオウベルトのバックルは半透明のクリアカラーに。DX玩具的に言うとスイッチ切っている状態ですね。ボタンや矢印の塗分けも綺麗です。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー 本体

左右にはデンガッシャーのホルダーパーツが付いています。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法の付属品一覧

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー 付属品 手首

こちらは交換用手首パーツ一覧。基本的には開き手パーツが2種1組ずつですね。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー 付属品 デンガッシャーの分割パーツ

こちらはデンガッシャーの分割パーツです。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー 付属品 デンガッシャーの分割パーツ

こちらもデンガッシャーの分割パーツ。しっかり塗装もあり、ホルダーにマウントさせることも可能となっています。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー 付属品 換装パーツ

そしてこちらがソードフォームとガンフォームに換装するための、上半身換装パーツとなっています。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー 付属品 換装パーツ

背中を見ればわかる通り、ソードフォームとガンフォームにしか使用することができません。ゆえに今回のプラットフォームのセットでは、今後発売されるであろうロッドフォームとアックスフォームには対応できませんね。
新たにロッド&アックス用の換装パーツが付くか、2フォームが個別に販売されるかしないと、4人の電王を並べることができませんね。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー 付属品 換装パーツ

ちなみに換装パーツをつけるとこのような準備形態になります(実際には腕も取り付けます)。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー 付属品 ガンフォーム 換装パーツ

実際にガンフォームのアーマーを付けるとこのようにしっかりフォームチェンジができますね。手順は以前のS.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 ソード&ガンフォーム 真骨彫製法のものと同じ手順です。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法の可動範囲

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー 可動範囲 首 肩可動

次は可動範囲を見ていきましょう。首の回転はかなり広め、肩もアーマーが無いので非常に広く動かすことができました。

  • S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー 可動範囲 首後ろ可動
  • S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー 可動範囲 首前可動
  • 首の前後可動も広いですねぇ。

  • S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー 可動範囲 腰前可動
  • S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー 可動範囲 腰後ろ可動

腰の前後可動も広く動かせました。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー 可動範囲 腰回転

腰の回転も広く回せます。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー 可動範囲 開脚左右

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー 可動範囲 開脚前後

開脚は非常に優秀で、接地性も抜群。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法のアクション!

Youtubeでも動画レビューしていますのでぜひご覧ください!

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー アクション

ということで、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法のアクションをしていきましょう!

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー アクション

プラットフォームの可動フィギュアは今回が初めて触りましたねぇ。あまり戦闘向きなフォームでもない上に、中身が野上良太郎なので戦闘力はほぼ皆無。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー アクション

攻撃から身を守るのに精いっぱいなイメージですね。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー アクション

こういった弱々しいポーズも意外と楽しい。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー アクション

腰が引けたような立ち姿も良い感じ。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー アクション

吹き飛ばされるプラットフォーム。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー アクション

ほぼやられやくな感じ。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー アクション

ただ頑固なところがある良太郎は、プラットフォームの姿でも戦っていたことがありますね。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー アクション

ファイティングポーズをとる。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー アクション

プラットフォーム=野上良太郎といった感じのイメージ持ってます。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー アクション

あまり効かないパンチを繰り出す。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー アクション

おぼつかないキック。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー アクション

結構プラットフォームいじるの楽しい。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー アクション

ぐだぐだなライダーキックもしてみる。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー アクション

そして走って逃げる。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー アクション

電王のソード&ガンフォームからライダーパスを借りて持たせる。どうせならプラットフォームにも付けてほしかったですねぇ。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー アクション

ソードフォーム

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー アクション

ソードフォームのアーマーが装着される寸前に、プラットフォームの状態でもモモタロスが憑依したのがわかる演出が結構好きだったりする。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー アクション ソードフォーム

そしてソードフォームに変身!

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー アクション ソードフォーム ガンフォーム

これでようやくソードとガンが同時に並べることができた!

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法 レビュー アクション ソードフォーム ガンフォーム

というこよで、以上、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 プラットフォーム 真骨彫製法のレビューでした。

ちなみに今回プラットフォームを2体購入していますので上のような写真が撮れました。
基本的にはソード&ガンの素体をそのまま使っているので、スタイルや可動域の広さは十分に確保されていました。換装ギミックも健在で、しっかりとアーマーの装着もできましたね。
ただ今回のプラットフォームのままだと、換装パーツがないためにアックス&ロッドには変身させることができません。今後どのように商品展開していくのか気になりますね。
またプラットフォームが出たなら、ライナーフォームも欲しいところ。果たして発売するのだろうか?電王の真骨彫製法の展開に期待です。

ゆとぴ

関連記事を読む

コメントをする