S.H.フィギュアーツ

バンダイのフィギュアブランド『S.H.フィギュアーツ』に関する情報のまとめです。

仮面ライダーをはじめとした特撮ヒーローや、マーベルやDCコミックスなどのアメコミヒーロー、アニメのキャラクターなど幅広いジャンルをカバーしています。
近年は3D技術とデジタル彩色により、実写キャラクターのをリアルに再現したものや、骨格から造形をする真骨彫製法というハイスタンダードラインも主力となっています。

S.H.フィギュアーツをカテゴリ別にみる

2014年7月19日

S.H.フィギュアーツ ロボライダー レビュー

2014年7月12日

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーレンゲル レビュー

2014年7月9日

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーカリス レビュー

2014年6月29日

S.H.フィギュアーツ サクラハリケーン レビュー

2014年6月21日

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー斬月 メロンアームズ レビュー

2014年6月4日

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーバロン バナナアームズ レビュー

2014年6月1日

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ レビュー

2014年5月25日

S.H.フィギュアーツ オートバジン レビュー

2014年5月25日

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーシン レビュー

2014年5月3日

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーBLACK RX リニューアル版レビュー

2014年5月3日

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーカブト ライダーフォーム 真骨彫製法 レビュー

2014年5月3日

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 ロッドフォーム&ガンフォーム レビュー

2014年2月21日

S.H.Figuarts 仮面ライダーアギト シャイニングフォーム

2014年2月6日

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タジャドルコンボ レビュー

2014年2月6日

S.H.フィギュアーツ タジャドルコンボ エフェクトパーツセット レビュー

2014年2月6日

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ スーパータトバコンボ レビュー

2014年2月6日

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タマシーコンボ レビュー

2014年2月5日

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ ブラカワニコンボ レビュー

2014年2月5日

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ プトティラコンボ レビュー

2014年2月5日

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ シャウタコンボ レビュー

2014年2月4日

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ サゴーゾコンボ レビュー

2014年2月4日

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ ラトラーターコンボ レビュー

2014年2月4日

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ ガタキリバコンボ レビュー

2014年1月26日

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーブレイド キングフォーム レビュー

2014年1月26日

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーバース プロトタイプ レビュー

2014年1月26日

S.H.フィギュアーツ バース CLAWsセット レビュー

2014年1月26日

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーバース レビュー

2014年1月25日

S.H.フィギュアーツ アンク(グリード態) レビュー

2014年1月25日

S.H.フィギュアーツ 映司グリード  レビュー

2014年1月25日

S.H.フィギュアーツ 恐竜グリード  レビュー

2014年1月24日

S.H.フィギュアーツ アンク(ロスト) レビュー


S.H.フィギュアーツとは2008年よりバンダイから販売しているフィギュアシリーズです。前身は2000年から仮面ライダーを主に展開していた「装着変身」。装着変身の特徴である可動素体フィギュアにダイキャスト製の装甲を装着させ、劇中の変身を再現するというものをS.H.フィギュアーツでは廃止している。初期のラインナップでは足にダイキャストを使用していだが、現在は一部のラインナップのみ使用しています。体長14cm前後で可動域は非常に広く柔軟。手首は交換することによってキャラクターやポージングに合わせた表情をつけることが可能。頭部に動きのあるものは頭部全体を交換する方式が多く見られます。
武器などの付属品も必要最低限そのキャラクターに無くてはならないものが付属。非常に小さいながらも精巧に造形されています。
現在のラインナップは仮面ライダーが最多。そのほか特撮のスーパー戦隊やメタルヒーロー、近年はウルトラマンも展開中。
アニメはプリキュアシリーズや、ラブライブ!、セーラームーンなどの女性キャラが多く目立ちます。
そのほか実写映画や実在するアーティストの可動フィギュア化もラインナップに追加されています。(マーベル作品、スターウォーズや、マイケル・ジャクソン、ブルース・リー、フレディ・マーキュリーなど)
実在する人物の立体化の場合、3Dによる骨格の再現を行い、塗装は手作業ではなくデジタル彩色(カラープリンターのようなもの)で行い、本人に酷似するほどの完成度を再現しています。
難点としては再販が少なく、物によってはプレミア価格が付いており、新規で集めるのが困難な点、限定品が多いことによる資金面の問題があります。

公開日:
最終更新日:2017/07/05