『ピースメイカー』、”あのキャラたち”はカットされていた ー 代役が写真を投稿

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

※この記事には『ピースメーカー』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

DCコミックスのドラマシリーズとして好評のうちにシーズン1が幕を閉じた『ピースメーカー』
最終話ではDCファンを喜ばせる演出もあり大きく話題となっていた。

そんな最後の演出に、実はあのキャラクターが登場する予定だったことが明らかになった。

※この記事には『ピースメーカー』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

俳優のマット・ターナーは自身のインスタグラムに、ベン・アフレック演じるバットマンのタクティカルスーツを着た姿の写真を投稿、『ピースメーカー』に出演していたことを明らかにした。

また彼と同様にサイボーグも登場すると明かしており、何らかの理由でドラマからカットされてしまったことを投稿している。

もしバットマンとサイボーグがドラマに登場していたとしても、ワンダーウーマンやスーパーマン同様に顔がハッキリ映らない演出になっていただろうが、ファンとしては彼らもジャスティスリーグの一員として登場させてほしかったところだ。

ご存知の通りベン・アフレックは『ジャスティスリーグ』公開後に同役から降板し、主演・監督・脚本予定だった『ザ・バットマン』も大きく方針転換することとなった。
サイボーグを演じたレイ・フィッシャーはワーナー・ブラザースとの間の関係修復がいまだに行われていないため、そういった理由からも、例え代役だったとしても、彼の登場は避けたかったのだろう。

監督をしたジェームズ・ガン監督によると、二人が登場しなかった理由について話しており、「理由はあるが話していいかわからない、将来に関わるかもしれない」とコメントしていた。

ファンとしてはバットマンとサイボーグの二人のカットは少し残念な気持ちだが、久々にジャスティスリーグの集合が見れるのは嬉しい限りだ。
『ピースメーカー』は2022年4月15日よりU-NEXTで日本配信開始だ。

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。