ジャームズ・ガン監督、『ピースメイカー』最終話の演出に言及 ー あのキャラがいない理由は?

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

※この記事には『ピースメイカー』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

『ザ・スーサイド・スクワッド』のスピンオフドラマとしてジョン・シナ主演で配信されていた『ピースメイカー』
すでに米国では全話の配信が終了しており、最終話にあった特別な演出が話題となっている。

その演出でファンが気になる部分についてジェームズ・ガン監督が海外メディアのバラエティのインタビューでコメントしている。

※この記事には『ピースメイカー』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

話題の『ピースメイカー』の最終話では、なんとあのジャスティスリーグが登場。シーンは夜だったため、ライトの逆光で全員の姿をハッキリと見ることはできなかったが、スーパーマン、ワンダーウーマン、フラッシュ、アクアマンの4人が集結していた。そのうちフラッシュのエズラ・ミラーと、アクアマンのジェイソン・モモアは本人が出演したことでファンを喜ばせている。

一方でジャスティスリーグのメンバーであるはずのベン・アフレックのバットマンレイ・フィッシャーのサイボーグはその場にはおらず、どことなく大人の事情が感じられた。

ガン監督はこの点について次のようにコメントしている。

『ご存知のとおり、私に何ができるのかわかりません。(いなかった)理由はありますが、実際にそれが何であるかを言っていいのかはわかりません。将来のものに関係している可能性があります。』

ベン・アフレックに関してはバットマン役を『ジャスティスリーグ』公開後に降板しており、出演予定だった『ザ・バットマン』もロバート・パティンソン主演、マット・リーヴス監督兼脚本に置き換えられ、『フラッシュ』が最後のバットマンとしての出演作になると言われている。

サイボーグ役のレイ・フィッシャーは、ワーナー・ブラザースと『ジャスティスリーグ』で途中降板したザック・スナイダー監督の代役を務めたジョス・ウェドン監督とのパワハラ問題などで告発をしており、今現在でも両者の仲は修復はされていない

そういった大人の事情によって二人のヒーローは『ピースメイカー』には登場していないのだ。
ガン監督はそのことを匂わせながらも、今後のプロジェクトに関わるかもしれないとして明言は避けた。

2017年時点ではまだヒーローたちの掘り下げが甘かったことから『ジャスティスリーグ』は不評だったが、2021年にザック・スナイダー監督によって再構成された『ジャスティスリーグ:ザック・スナイダーカット』は多くのファンに受け入れられ、今なお監督の再登板を望む声はファンの間で叫ばれている。

果たしてここからまたジャスティスリーグが揃うことはあるのだろうか?
久々のジャスティスリーグのメンバーを見ることができる『ピースメイカー』は2022年4月よりU-NEXTで日本配信予定だ。

関連記事を読む

「ピースメイカー」のレビューをみる

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。