Netflix版『パワーレンジャー』に、『ジェシカ・ジョーンズ』脚本家が参加

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

日本のスーパー戦隊シリーズをベースとしたアメリカの人気ヒーロー番組『パワーレンジャー』。そして新たにNetflixとタッグを組んで製作される最新作に、マーベルドラマ『ジェシカ・ジョーンズ』などの脚本を担当したジェニー・クライン氏が参加することが海外メディアのDeadlineから明らかになった。

すでにメガホンをとるのはジョナサン・エントウィッスル監督が決定しているため、二人がタッグを組んで新たな『パワーレンジャー』の物語を描いていくこととなる。

今作は現在のテレビシリーズとは関係のない、新規でのシリーズになる予定で、かつてアメリカで大ヒットした『恐竜戦隊ジュウレンジャー』をベースにした『パワーレンジャー』をリブートして描かれると言われている。

以前にはハリウッドでの映画化もされていたが、続編を示唆しながらも1作のみで終わってしまっている。

その雪辱を果たすためにも今回のNetflix版には期待の声も聞かれている。
上手く行けばここから再び映画化もする可能性があるとされているため、新たなパワーレンジャーがどのような作品になるか注目だ。

今後もNetflix版『パワーレンジャー』の情報が入り次第お知らせをしていく。

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。