『ムーンナイト』、『ソー:ラブ&サンダー』の繋がりのアイディアがあった ー 脚本家が明かす

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズのドラマ作品としてDisney+ (ディズニープラス)での全話の配信を終えた『ムーンナイト』
今作はMCU世界で展開されていながらも、他の作品とのクロスオーバーをしない非常に独立した世界観で話題にもなっていた。

そんな今作の脚本家兼エグゼクティブ・プロデューサーのジェレミー・スレイター氏は海外メディアのTheDirectのインタビューに対して、当初は映画『ソー:ラブ&サンダー』の出来事を匂わす演出を考えていたことを明かした。

『ドラマの製作を始めた時、いつ配信がされるのかはわかりませんでした。私たちは将来のいつかに配信されると思いながら製作しており、当初は2022年秋になるだろうと思っていました。さらに「ソー:ラブ&サンダー」の出来事の後になるとも考えていました。「ソー」についても確実なリリース日は持っていなかった。(中略)そのためエジプトの神々のシーンでは様々なバージョンがありました。「ゴア・ザ・ブッチャーのことが起きたばかりでまた新しい問題が発生した」や、「神々が死にかけていると聞いた。いまこの件にかまっている場合ではない」などのようなものでした。』

『ソー:ラブ&サンダー』には神々に恨みを持つゴア・ザ・ブッチャーと呼ばれるヴィランが登場してくるため、スレイター氏もエジプトの神々がこのゴアの影響を受けると考えていたとコメントした。
『ソー』の公開日の前になった場合と、後になった場合の両方を作ったとも話しており、すべてが矛盾しないように製作したとも振り返っている。

結果的にはマーベルの決断のなかに『ムーンナイト』と『ソー:ラブ&サンダー』が関係していないというものがあったため、スレイター氏のアイディアは盛り込まれることはなかった。
そして『ムーンナイト』は非常に独立したシリーズになったことで評価も高い作品となっていったのだ。

今のところ今作の続編に関してはアナウンスがされていないが、モハメド・ディアブ監督によれば続編だけではなく、別のヒーローの映画に登場する可能性もあるとしてお、今後のムーンナイトの活躍を示唆する発言もしている。

果たしてムーンナイトは次のどの作品で登場して、誰と初めてのクロスオーバーをすることになるのだろうか?
『ムーンナイト』はDisney+ (ディズニープラス)で全話配信中だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全51作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。