モンスターバース初のドラマシリーズのメインキャストが解禁 ー 日本人女優が主演に

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

レジェンドリー・ピクチャーズが展開している東宝怪獣とキングコングが大暴れするシェアード・ユニバースシリーズのモンスターバース。
先日には待望の『ゴジラVSコング』の続編も正式アナウンスされたが、今回はApple+で配信を予定しているシリーズ初のドラマ作品のキャストが解禁された。

主演はアンナ・サワイが務め、ケートという元教師を演じる。
モンスターバース1作目『ゴジラ』でのサンフランシスコでの出来事をG-Dayと呼称しており、その生存者でもあるケートは、家族に隠された秘密を探るために日本へと訪れることになる。

渡部蓮が演じるのは知性と創造性に富み、好奇心が旺盛で、まだ自分が行くべき道に迷う若者のケンタロウを演じる。

このほか、在外アメリカ人のメイを演じるのは『ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット』でアイリス・ウェストを演じたキアシー・クレモンズ、工作員のデュヴァルを演じるのはエリサ・ラソウスキ、諜報活動に夢見るしがない事務員ティムにはジョー・ティペットが演じる。

日本人俳優が演じる二人のキャラクターがメインとなり、”タイタン”たちの調査活動をするモナークの秘密にも迫っていく物語が展開されていく。

第1話と第2話でメガホンを取るのはマーベルドラマ『ワンダヴィジョン』を手掛けたマット・シャックマン監督。また彼はシリーズの製作総指揮も単相している。脚本には『スタートレック:エンタープライズ』のクリス・ブラック氏が参加し、日本からは東宝の松岡宏泰氏と有田武将氏の二人もプロジェクトに参加する予定だ。

ドラマの正式タイトルは発表されていないが、一部では『ゴジラ&ザ・タイタンズ(仮)』になるとも言われているため、今後の情報には注目をしておこう。

モンスターバースドラマシリーズはApple+で配信予定だ。

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。