【噂】MCUシリーズにグリーンゴブリン登場の長期計画が存在? ー 複数のノーマン・オズボーン登場か

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

マーベル・スタジオが展開するMCUシリーズには、ソニー・ピクチャーズが映像の権利を持つスパイダーマンシリーズも導入されており、現在は2つのスタジオが共同製作という形で映画を作り続けている。いまも『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』が製作中だ。

そして先日にはマーベル・スタジオの親会社であるウォルト・ディズニー社とソニー・ピクチャーズが新たな配信に関する契約を結び、2022年以降の作品に限ってDisney+ (ディズニープラス)でもソニー・ピクチャーズ作品の配信が可能となったのだ。

また2022年以降の作品以外にも、サム・ライミ監督の『スパイダーマン』3部作や、『アメイジング・スパイダーマン』2作品もDisney+ (ディズニープラス)での配信が行われるといわれている。

このように歩み寄りを見せている2つのスタジオだが、海外メディアからの情報では今後MCUシリーズにとって、グリーンゴブリンことノーマン・オズボーンが重要キャラになると伝えている。

MCU世界のノーマンは善人?

海外メディアのハッシュタグショーによると、マーベル・スタジオとソニー・ピクチャーズはMCUシリーズにスパイダーマンの有名ヴィランのグリーンゴブリンを登場させることを計画していると伝えている。

EXCLUSIVE: NORMAN OSBORN IS COMING TO THE MARVEL CINEMATIC UNIVERSE IN A BIG WAY

計画の内容はこうだ。

まず『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』に、ライミ版『スパイダーマン』でグリーンゴブリンを演じたウィレム・デフォーが同役として登場し、その後MCU世界にも同一人物のノーマン・オズボーンが存在していることがわかるという。

ピーター・パーカーが彼に接触するが、どうやらMCU世界のノーマンは善人であり、ピーターやアベンジャーズを支援するような立場の人間だという。
そして今後3~5年ほどの期間をかけて、MCU世界のノーマンもグリーンゴブリン化していくというものだ。

これが事実であるかはわからないが、記事にはほかにも4作目の『スパイダーマン』映画や、Disney+ (ディズニープラス)でのオリジナルシリーズの可能性についても触れている。

突拍子もない情報で頭の処理が追い付かないが、以前からウィレム・デフォーのグリーンゴブリンが再登場することは噂されていた。現に同じくライミ版『スパイダーマン2』にドクターオクトパスとして出演したアルフレッド・モリーナが、同役で『ノー・ウェイ・ホーム』に出演していることを認めている。

そのため、ウィレム・デフォーのグリーンゴブリンが登場したとしても、なんら不思議ではないのだ(驚くことには違いないが)。

以前にも『ノー・ウェイ・ホーム』自体の大まかなストーリーとみられる情報も伝えられており、その内容も今回のものと同様になかなかの衝撃度だった。

火のないところに煙は立たぬということわざもあるが、確たるソースが存在していないため、一旦はまだ静観しといた方が良さそうだろう。
果たして今後のスパイダーマン映画はどのような方向へと向かっていくのだろうか?新しい情報が配し次第お伝えしていく。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は2021年12月17日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする