マーベル・スタジオ代表、『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』のポスクレに言及 ー 「調整がありました」

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

※この記事には『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

日本でも公開がされたソニー・ピクチャーズのマーベル映画最新作『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』
今作ではヴェノムとエディ・ブロックが最大の強敵であるカーネイジと激突するストーリーが描かれているが、同時に次なる展開を示唆するポストクレジットシーンも用意されていた。

そのシーンについてマーベル・スタジオ代表のケヴィン・ファイギ氏がコメントをした。

※この記事には『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

『ノー・ウェイ・ホーム』のチームと連携

マーベル・スタジオ代表のケヴィン・ファイギ氏は『エターナルズ』のワールドプレミアイベントのなかで海外メディアのインタビューに答え、『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』のポストクレジットシーンについて言及をした。

Marvel’s Kevin Feige Talks ‘Eternals’ Ambition and That ‘Venom’ Surprise

『たくさんの調整がありました。(中略)ソニーとマーベル、そしてヴェノムチームとノー・ウェイ・ホームチームの間で。私たちは一緒に取り組みました。それはとても素晴らしかったと思います。アンディ・サーキス監督は素晴らしく、誰も皆が素晴らしかった。』

また自分自身が『WHAT IF…?』のウォッチャーであるとジョークも交えながら答えてくれた。

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』のポストクレジットシーンでは、トム・ホランド演じるピーター・パーカー/スパイダーマンがテレビの画面に登場しており、ヴェノムが彼に因縁があるようなセリフを話していた。

このシーンのために『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のチームと連携したと話したところから、ひょっとするとこちらの映画にもヴェノムが関わってくるのかもしれない

意味深なコメントもありつつ、ついにソニー・ピクチャーズとマーベル・スタジオの2つのマーベルシリーズを展開するスタジオが公式に連携した作品を作ることが明らかになり、今後の展開にはぜひとも注目をしていきたいところだ。

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』は2021年12月3日に日本公開より、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は12月17日より全米公開予定だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全51作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。