『シャン・チー』すでに続編は計画中? ー マーベル・スタジオ代表が示唆

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

間もなく公開されるMCUシリーズ最新作の『シャン・チー/テン・リングスの伝説』。今作は初のアジア人ヒーローが主人公ということもあって非常に注目度の高い作品となっているが、今回マーベル・スタジオ代表のケヴィン・ファイギ氏が今作の続編製作を示唆するコメントをインタビューの中で答えた。

『将来的に大きな可能性を秘めている』

マーベル・スタジオ代表ケヴィン・ファイギ氏は、『シャン・チー』について次のようにコメントした。

Marvel Already Has Shang-Chi Sequel Ideas (Exclusive)

『私は常に(他の作品と)同じ割合で自身と緊張感を感じています。キャラクターと映画自体に対する最初のリアクションは、人々がこれらのキャラクターをもっと見たいと感じてくれるのに大いに期待をしています。(中略)特にこの映画では彼らはとても壮観で、将来的に大きな可能性を秘めていると私たちは思っているので、非常に心強いです。』

またファイギ氏は今作にてやることができなかった設定があるとも話しており、それは別の映画でもう一度やりたいとも話した。

『シャン・チー』の可能性と将来性について話したファイギ氏ではあるが、続編製作があるかどうかについての明言は避けた。
ただいずれにしても観客の反応次第ではほぼほぼ確実に製作されることが予想される。

今作でやることができなかった設定というのも気になるところだ。他の作品で行うとも話しているが、それが『シャン・チー』の続編なのか別のキャラクターの映画なのかはわかっていない。

MCUシリーズのインフィニティ・サーガにおいて興行的な事情やキャスティングの事情で続編が製作されなかったのは『インクレティブル・ハルク』だけだ。当時は黎明期ということもあって、今よりもシビアに興行面を見ていたことも考えられる。

すでに試写を鑑賞した関係者やファンからも絶賛の声が寄せられている『シャン・チー/テン・リングスの伝説』。果たしてこの映画はMCUシリーズにおいてどのような伝説を残してくれるのだろうか?2021年9月3日の日本公開に期待をしておこう。

関連記事を読む

コメントをする