マーベル・スタジオ代表、『シャン・チー』ポストクレジットシーンについてコメント ー 「アイアンマンを思い出す」

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

公開が迫っているMCUシリーズ最新作『シャン・チー/テン・リングスの伝説』
今作ではもはや恒例のポストクレジットシーンがあり、次なる作品へとつながるオマケ映像が期待されている。

そんなポストクレジットシーンについてマーベル・スタジオ代表のケヴィン・ファイギ氏がコメントをした。

シャン・チーがどれほど重要か明確に

海外メディアのインタビューに答えたマーベル・スタジオ代表のケヴィン・ファイギ氏は、『シャン・チー/テン・リングスの伝説』のポストクレジットシーンについて言及をした。

Shang-Chi Has Major Ties to MCU Past And Future

『私はなにもネタバレはしたくないです。しかし、この映画の終わりには少なくともシャン・チーが世界にとってどれほど重要で、どれほど直接的に足を踏み入れているかについて非常に明確に方向性を示していると思います。「アイアンマン」でのニック・フューリーを思い出し、彼はトニー・スタークに「君はより大きな宇宙の一部だ。それはまだ知らないだけだ」と言いました。「シャン・チー」の終わりにはそれに非常に似たことが起きます。

ネタバレはしたくないとコメントしながらもかなり突っ込んだ内容を明かしたケヴィン・ファイギ氏。

シャン・チーは実に『キャプテンマーベル』以来の新ヒーローとして描かれた映画で、彼が次にどの作品に登場し、そしてどのようなヒーローと共演するかは注目されている部分だ。
おそらくは次なるアッセンブル映画でも重要なメンバーのひとりになることは確実だろうが、それが早くも1作目のポストクレジットシーンで示されるというのは期待だ。

MCUファンには改めて言う必要もなさそうだが、スタッフロールが終わるまで席を立たない方が良いだろう。

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』は2021年9月3日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする