マーベル・スタジオ代表、『エターナルズ』の”あのキャラ”のさらなる活躍を示唆 ー 「アイディアがあります」

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

※この記事には『エターナルズ』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

MCUシリーズとして日本国内では2021年最後の映画作品となった『エターナルズ』
一年の延期を経て公開された本作は、いままでの作品に登場してこなかったエターナルズと呼ばれる超人たちの存在が明らかになった。

そんな彼らに関わるあのキャラクターの今後の活躍について、マーベル・スタジオ代表のケヴィン・ファイギ氏が海外メディアのエンターテインメント・トゥナイトのインタビューに言及をしてくれた。

※この記事には『エターナルズ』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

それ(エロスの登場)は楽しいものでした。映画の最後にある面白いティザーです。もちろんスタジオのクルーにも、それ以外にもスターフォックスやエロスのファンがたくさんいます。MCUとして続いている宇宙では彼のアイディアがあります。』

『エターナルズ』のポストクレジットシーンでは、他のエターナルズに真実を伝えるために宇宙へと旅立ったセナ、ドルイグ、マッカリのもとに、ハリー・スタイルズ演じるエロスというキャラクターが突如船内にワープしてきて、自身を”サノスの弟”と名乗り、他のエターナルズの場所を知っているかのような発言をしていた。

サノスとは似ても似つかないビジュアルに驚いたファンも多いと思うが、ケヴィン・ファイギ氏のコメントでは今後も彼の活躍の場を用意することを明かした。

いまのところ『エターナルズ』の正式な続編についてはアナウンスされていないが、映画の最後にはお馴染みの「エターナルズは戻ってくる」という文言が確認できたため、おそらくは続編にてエロスが活躍してくれるのではないかと推測することができる。

もちろん他の映画やドラマシリーズの可能性も十分にあるため、そこは今後の情報に注目をしておこう。

新たなる世界観を見せてくれた『エターナルズ』は今後数ヶ月以内にDisney+ (ディズニープラス)での配信が始まると予定だ。

関連記事を読む