キルスティン・ダンスト、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』を見ていない ー 「最終的には見ることになる」

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

※この記事には『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

MCUシリーズとして大ヒットを飛ばしている『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』
今作ではシリーズ集大成としてもふさわしい内容ということと同時に、往年のスパイダーマン映画のファンも喜ばせてくれるものがふんだんに盛り込まれている。

そんな今作についてサム・ライミ監督版『スパイダーマン』三部作でMJを演じたキルスティン・ダンストがまだ映画を見ていないことを海外メディアのインタビューのなかで明らかにした。

※この記事には『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

まだ見ていないです!ごめんなさい!(笑)見ないといけないのはわかっています。トビー・マグワイアが映画に出演していることも知っています。それはとても驚きであり、みんなびっくりしています。最終的には観に行くと思います。』

共に映画に出演したトビー・マグワイアがスパイダーマン役に戻っていることを知っていると話し、後日鑑賞することを話したキルスティン・ダンスト。

映画公開前はファンの間で彼女を始めとして『アメイジング・スパイダーマン』でヒロインのグウェン・ステイシーを演じたエマ・ストーン出演を望む声もあったが、結果的には出演は叶わなかった。

キルスティン・ダンストはこれに加えて今後MJ役に復帰するかについて聞かれ、前向きなコメントをしてくれた。

もちろんです。何度か尋ねられましたが簡単なことです。私にとって(MJは)キャリアと人生の大きな部分でした。』

いまのところ次にマルチバースが扱われる作品は『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』が控えているが、スパイダーマンのユニバースシリーズを展開しているソニー・ピクチャーズが現状どのような計画をしているかは不明である。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は2022年1月7日より日本でも劇場公開中だ。
 

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全51作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。