『ジェシカ・ジョーンズ』&『パニッシャー』の権利、マーベル・スタジオのもとに戻る - 製作終了から2年が経過

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

かつてNetflixで製作されたマーベルドラマシリーズ。『デアデビル』『ジェシカ・ジョーンズ』など今でもファンがいるほどの人気を獲得したシリーズが数多く存在しているが、約2年前にすべてのシリーズが突然製作終了してしまった。

これらの動きはマーベル・スタジオが自社にキャラクターの権利を戻すためともいわれていたが、ついにその目的が達成されたようだ。

すでに新作に出演の噂も

複数の海外メディアはNetflixで製作されたマーベルドラマ『ジェシカ・ジョーンズ』『パニッシャー』権利がマーベル・スタジオのもとに戻ったことを伝えている。

Marvel Studios Gets The Punisher and Jessica Jones Rights Back From Netflix

2つのドラマシリーズは製作終了宣言から2年が経過しており、スタジオとNetflixの間に結ばれた契約の「製作終了から2年間は新作を製作できない」という内容が完了したこととなる。
これにて『デアデビル』『ルーク・ケイジ』『アイアンフィスト』を含めてたマーベルドラマがすべてマーベル・スタジオの帰還したこととなった。

ファンとしては非常に嬉しい動きで、今後はマーベル・スタジオ主導でこれらの人気キャラクターの新作を製作できるようになるのだ。特にデアデビルやジェシカ、パニッシャーは今でも人気の高いキャラであるため、今後の作品で出演するとも噂されている。

一部では現在製作が進められているMCU版『スパイダーマン3』にデアデビル役のチャーリー・コックスが出演しているといわれており、Disney+ (ディズニープラス)ドラマとして配信予定の『シー・ハルク』にもデアデビルやクリステン・リッター演じるジェシカが登場すると噂されている。

パニッシャーについても演じるジョン・バーンサルがスタジオと接触したとのニュースも報告されていた。

いまのところすべてが噂レベルのため、確実な情報はないのだが、これだけの支持を得ているキャラクターたちが再び観ることができる土台が整ったことは大きいだろう。

今後これらの元Netflixマーベルヒーローたちの情報にも注目をしておこう。

関連記事を読む

コメントをする