ジェームズ・ガン監督、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』での楽曲使用にいくら使った? ー 許可が下りなかった曲も

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズの『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を手掛けているジェームズ・ガン監督は、映画のなかで懐かしの洋楽を数多く使用していることでも有名で、映画の公開に合わせて「Awesome Mix」という楽曲集をストリーミング配信していることでも話題になっている。

そんなガン監督の映画のなかで自身がこれまで曲を使うために払ってきた金額についてツイッターのなかで明かしてくれている。

『私はなにも払わなかったり、75ドルを支払ったり、100万ドル支払ったりしました。状況によって異なります。』

曲を使用するために金額については様々で、高額なものでは100万ドル(約1億円)を支払ったこともあると明かしている。具体的にどの曲だったのかはわからないが、映画のために桁違いの予算をもっていることがうかがえる。
洋楽の楽曲使用料については高額になることはしばしばあり、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』ほどの曲数となると、支払っ使用料も相当のものになっているのは間違いないだろう。

ちなみにガン監督は加えてDCドラマの『ピースメイカー』使用できなかった曲があったことも明かしている。

こちらも誰の曲だったかについてはわかっていないが、原因としてはその曲が現在所有権について法廷闘争中にあるため、誰に所有権があるのかハッキリしていないからだとのことだ。

ガン監督は現在『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:Vol.3』の製作を行っており、おそらく「Awesome Mix Vol.3」のプレイリストも作成されることが予想される。次に監督がどのような曲をチョイスするのかは、映画のストーリーとは別な楽しみとなっている。

ちなみにマーベル・スタジオ作品ではガン監督作品以外でも洋楽の名曲を使用することは多々あり、こういった演出も映画業界のなかでトレンドになっている。最近解禁されたタイカ・ワイティティ監督の『ソー:ラブ&サンダー』の予告編ではガンズ・アンド・ローゼズの「スウィート・チャイルド・オブ・マイン(原題:Sweet Child o’ Mine)」が使用されていたことも記憶に新しいだろう。

ガン監督の選曲にも注目が集まる『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:Vol.3』は2023年5月5日に全米公開予定だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全51作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。