『ホークアイ』登場のあのキャラ、もっと重量級を予定していた ー 最終的には方向性が変更に

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

※この記事には『ホークアイ』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

Disney+ (ディズニープラス)で配信されているクリント・バートン/ホークアイを主人公としたドラマ『ホークアイ』
今作では終盤にてファン待望のヴィランが再登場していたが、実は当初はもっと重量のある姿を想定していたことを監督のトリン・トラン氏が海外メディアのComicbookのインタビューで明かしている。

※この記事には『ホークアイ』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

『ホークアイ』のトリン・トラン監督は、終盤に登場したヴィンセント・ドノフリオ演じるキングピンについてコメントをした。

『私たちは、キングピンをより重量のあるバージョンを登場させることについて話していました。しかし最終的にはキャラクターの方向性を変えて、まったく違う方向に進みたかったのです。彼がアロハシャツを着るのは、まるで夢が叶ったようなものでした。』

Netflixドラマ『デアデビル』から待望の再登場を果たしたキングピンは、少しばかりか痩せている雰囲気はあった。
ただ演じるヴィンセント・ドノフリオ自身は役のために約10キロほど増量しているようで、なるべく当時のドラマに近づくような体型を目指していたようだ。

ちなみにコミックでのキングピンは約200キロあるらしく、実写での再現は非常に難しいものでもある。

なぜアロハシャツを着た姿になったかはわからないが、Netflixの頃よりは少しばかりマイルドになっている印象はあった。それを目指してやっていたかどうかはわからないが、このあたりはファンの間でも賛否が分かれるところだ。

現状、キングピンの新たな再登場に関する情報は入ってきていないが、制作予定の単独ドラマ『エコー』にて再びその姿を現すのではないかとも予想されている。同時にチャーリー・コックス演じるデアデビルの登場もウワサされているため、今後の情報に注目をしておこう。

『ホークアイ』はDisney+ (ディズニープラス)で全話配信中だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全51作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。