ケイト・ビショップ役ヘイリー・スタインフェイルド、自身の役柄を語る - 「彼女は悪い人だ」

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

Disney+ (ディズニープラス)ドラマの最新作として現在製作が行われている『ホークアイ』
先日にはケイト・ビショップ役に、『バンブルビー』などで主演したヘイリー・スタインフェルドが出演することが公式に明らかになり、その期待度が上がりつつある。

そんなヘイリー・スタインフェルドは自身が演じるケイト・ビショップの役柄について話してくれた。

「彼女はとても悪い人です」

海外の番組「エンターテインメントトゥナイト」に出演したヘイリー・スタインフェルドは、『ホークアイ』で彼女が演じるケイト・ビショップのキャラクターについてコメントをした。

『私はとても興奮しています。彼女を育てている中で、私は彼女を演じるのを手助けしてくれる素晴らしい映画製作者たちと一緒に働いています。(中略)彼女はとても悪い人です。それを否定することはできません。彼女はとても賢く、機知に富んでいて、素早く、さまざまな活動する彼女の身体能力はずば抜けています。

優れた身体能力によって、クリント・バートン/ホークアイから弓術を教わるケイト・ビショップ。それはコミック通りの設定になっているようだ。
ただドラマではどうやら悪さを働いているところも描かれることが示唆されている。

ケイトが犯罪に手を染めるような荒れた生活をしているところに、クリントとの出会いで二代目ホークアイとしてヒーローに成長していくストーリーが描かれるのだろうか?

ドラマとコミックで彼女の出自がどのように変わっていき、そしてどのようにクリントと出会うのかはまだわからないが、やはり二人のコンビが活躍してくれるのは楽しみである。

ドラマ『ホークアイ』はDisney+ (ディズニープラス)独占で2021年に配信予定

関連記事を読む

コメントをする